勉強方法について

勉強時間を増やす『スキマ時間』の使い方|中高生の成績UP

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

今回のテーマは『勉強時間を増やす隙間時間の活用方法について』です。

『少しでも成績を上げるために隙間時間を活用したいけど、何をすればいいかわからない』
『効率のいい隙間時間の使い方を知りたい』
『息子や娘が短時間でも勉強できるようにサポートしたい』

このような悩みを持った中高生や保護者の方におすすめの内容です。

この記事でわかること
  • 隙間時間の見つけ方・作り方
  • 勉強時間を増やし、成績UPを目指せる隙間時間の使い方
  • 隙間時間にやるべき勉強とやってはいけない勉強
ヤマグチ
ヤマグチ
隙間時間は、忙しい中学生や高校生にも必ずあります!その時間は、たったの数分とかではなく、毎日数十分〜数時間も存在します。隙間時間を活用して成績UPを目指しましょう!

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

スキマ時間の見つけ方と作り方

スキマ時間とは、日々の生活の中にあるちょっとした時間のことです。

この時間をうまく利用することで、勉強時間を大きく増加させることができます。

こんな時間がスキマ時間
  • いつも決まったことをしていない時間
  • する必要のないことをしている時間
  • 頭を使わずに作業できる時間

このような時間がスキマ時間として使えます。

でも、これだけ聞いてもピンとこないですよね。

もう少し詳しくスキマ時間を確認しましょう。

中高生のスキマ時間
  • 通学の時間
  • 授業の休憩時間・お昼休み
  • 学校についてから朝礼までの時間
  • お風呂の時間
  • トイレの時間

などなど誰にでも当てはまるものだけでもこんなにあります。

この中で、2,3個の時間を勉強に充てれば1時間以上にはなるはずです。

まずは、自分の生活を見直して、1日の中で勉強に使える時間がないか確認しましょう!

スキマ時間の見つけ方
  • スキマ時間が何かを知る
  • 1日の生活を書き出してスキマ時間がどこにあるか確認する

まずはここまでやってみましょう!

『1日の生活を書き出したけど、スキマ時間がない…』という人はスキマ時間を作り出しましょう。

スキマ時間の作り方
  • 学校の授業前後の時間・朝礼前を見直す
  • お風呂・トイレの時間を見直す

この時間を見直すだけでもかなりの時間を作ることができます。

学校の授業前後 10分休憩×5=50分を利用
学校の朝礼前 登校〜朝礼までの時間を利用
お風呂 入浴時間を利用
トイレ トイレに座っている時間を利用

参考にして考えてみてください!

ヤマグチ
ヤマグチ
『理屈ではわかるけど、実際に勉強するとなるとなかなか行動できない!』という人もたくさんいると思います。

それもそのはず!

スキマ時間のいい点は『勉強しようと思えば気軽にできる』ことで、

逆に、よくない点は『準備しておかないとあっという間に時間が過ぎる』ことだからです。

今までスキマ時間に勉強しようと思った人はたくさんいると思いますが、何をするのかまで決めておかないと「何を勉強するのか」を決めるだけでスキマ時間が終わってしまいます。

それを防ぐためにどうすればスキマ時間を有効に活用できるのかを次から解説します。

スキマ時間の使い方

スキマ時間を上手に使うためには、『準備』がとても大切です。

  • 時間の長さ別に何をするのか決める
  • 場所や状況によって何をするのかを決める

この準備を最優先でやりましょう。

『おすすめの勉強』についてはこのあと紹介します。

ここでは、準備の後にスキマ時間をどう使うのかまとめます。

スキマ時間の使い方
  • 短時間だからこそ集中して取り組む
  • ダラダラと勉強しない
  • 勉強することは1つに絞る

この3つのポイントを意識しましょう。

短時間だからこそ集中して取り組む

スキマ時間は5分〜15分程度と短時間なことがほとんどです。

短時間のメリットを活かして集中して取り組むようにしましょう。

暗記系の勉強に取り組むことで効果が高くなりますよ!

ダラダラと勉強しない

スキマ時間だけではないですが、ダラダラ勉強することがやめましょう。

短時間だから集中することということを意識すれば問題ありませんが、お風呂などのリラックスできる場所ではダラダラしてしまう可能性が高いです。

集中できない場合は、勉強をしないか別の勉強方法を取り入れるようにしてみましょう。

勉強することは1つに絞る

スキマ時間で一番重要なポイントが『1回のスキマ時間で取り組む勉強は1つにする』ことです。

スキマ時間でいくつも取り組もうとすると、1つにかける時間がとても少なくなります

そうではなく、短時間に1つに集中することで確実に覚えたり理解することが可能になります。

いくつもの勉強をする方が効果的に思うかもしれませんが、逆効果になってしまいます!

スキマ時間の勉強は1つに絞る!

常にこのルールは意識しましょう!

ヤマグチ
ヤマグチ
スキマ時間の使い方や意識することはばっちりですね!
次にスキマ時間にはどのような勉強をすればいいのかについて紹介します!

スキマ時間におすすめの勉強

スキマ時間を上手に活用するには『準備』が重要でしたね。

そこで、時間と場所・状況別におすすめの勉強内容を紹介します。

自分に必要な勉強と比較して、何をどのタイミングで勉強するのかを決めましょう!

おすすめの勉強
  • 英単語の暗記
  • 理科・社会の重要語句暗記
  • 英語のリスニング

今回紹介するのは上記の3つです。

おすすめ1:英単語の暗記

スキマ時間の勉強として一番に思いつくのが英単語の暗記だと思います。

英単語暗記のメリット
  • 短時間で効果が高い
  • 書く必要が全くない
  • 持ち運ぶものが少ない(小さい)
  • 必要性が高い

英単語の最大のメリットは『短時間の学習を繰り返すことでたくさんの英単語を覚えることができる』ということです。

まさにスキマ時間にぴったりの学習です!

英単語暗記のデメリット
  • 歩きながらは危ない
  • 書いて覚える人は場所が限定される

英単語暗記に大きなデメリットはありません。

英単語暗記の勉強法

英単語の暗記は、『短いスキマ時間』におすすめです。

場所を選ばないので、危険な状況でない場合は、優先して取り組みましょう。

1回の学習で何個の単語を暗記するのか決めておこう!

※個数に制限をかけることで、1回の学習でも何度も繰り返し暗記することができるので短期間で暗記できます。

  • 単語帳の利用
  • スマホアプリの利用
  • 書き出し・コピーしたものを貼り付ける(風呂やトイレ、玄関等)

このような工夫をすることで、より効果を高めることができるので、試してみましょう!

お風呂に入ったら20個覚える』というようなルール作成もおすすめです。

おすすめ2:理科・社会の重要語句暗記

続いても暗記が中心の学習です。

理科や社会は暗記しなければならない重要語句が大量にあります。

スキマ時間を使って覚えることができれば、テスト前の勉強も楽になりますよ!

重要語句暗記のメリット
  • テストの点数に直結する
  • 短時間のスキマ時間で可能
  • 書く必要がほとんどない

重要語句を暗記する最大のメリットは『テストの点数が上がる』ことです。

つまり、『成績が上がる』ことに繋がります。

点数が上がれば、それがモチベーションになるため、他の教科にも影響するようになります!

重要語句暗記のデメリット
  • わからない漢字等は書く必要がある
  • 教科書やワークはサイズが大きい

重要語句は難しい漢字が出てくることも多いため、教科書やワークを見て覚えるだけでは不十分な場合が多いです。

そのため、漢字の練習をするときは字を書ける場所で勉強する必要があります。

また、教科書やワークは大きいサイズが多いので、満員電車などでは出しにくいこともあり得ます。

重要語句暗記の勉強法

重要語句の暗記は基本『短いスキマ時間』におすすめの勉強です。

ただし、漢字の勉強をする場合は『字を書ける場所』でする必要があります。

暗記の流れはこちら

  1. 教科書の本文を読む
  2. 重要語句(太字)の意味を読み取る
  3. ワークの問題を復習する

これだけでOKです。教科書には必ず太字が何をことを表すのかが書いています。

まずは、語句の意味を理解しましょう。

ワークに取り組んだ後は、ワークの復習を中心に繰り返すことがおすすめです!

  • 教科書やワークをコピーする
  • 教科書やワークをスマホで撮影する
  • 一問一答の問題集を購入する

これらを取り入れれば、理科や社会の勉強はさらに楽になります!

必要な分だけスマホで撮影すれば、どこでも復習できるのでおすすめです。

どうしてもスマホが気になってしまう人は、小さいサイズの一問一答を用意しましょう。

created by Rinker
¥770
(2021/10/27 02:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)

理科・社会セット購入はこちら

おすすめ3:英語のリスニング

英語のリスニングは英語の学力を飛躍的にUPさせる勉強です。

多くの人が避けているからこそ、勉強する価値があります。

また、スキマ時間に勉強しやすいこともおすすめポイントの1つです。

リスニングのメリット
  • 場所を選ばずに学習できる
  • 移動しながら勉強できる
  • 英単語・文法・リスニング対策が同時にできる

英語の学習をするならリスニングの勉強は必須です。

リスニング学習はスマホや音楽プレーヤーを持っていたらどこでもできることが大きなメリットです。

電車の中や学校までの通学中も可能なので、暗記系ができない時に勉強しましょう!

リスニングのデメリット
  • 音源を購入する必要がある

リスニングのデメリットは、音源が必要になる点だけです。

それ以外はほぼメリットなので、ぜひ取り組むようにしてください。

リスニングの勉強法

リスニングの学習は『移動時・作業時』におすすめです。

集中して聴く必要はありますが、「通学+リスニング」や「お風呂+リスニング」は時間を有効に使える勉強方法です。

リスニングに使用するおすすめ音源はこちら

  • 学校の教科書の本文(教科書ガイド等のCD利用)
  • 英単語張(付属のCD利用)

できれば、教科書の本文を聴くことをおすすめします。

教科書の本文を聴くことにより文の構成や各単語の発音・意味についても理解が深まります。

※いきなり音声を聴くだけでなく、最初は教科書や単語帳を見ながら進めるようにしましょう。

ここで紹介した3つの勉強はどれも『短時間のスキマ時間』におすすめのものです。

スキマ時間は基本短いので、長い時間を取れる場合(放課後や朝礼前など)には別の勉強を考えましょう。

次にスキマ時間(短時間)にやってはいけない勉強について紹介します。

スキマ時間のNG勉強

スキマ時間ではどんな勉強をしてもいいと思っている人はいませんか?

おすすめの勉強でも紹介したように、スキマ時間の勉強は『短時間』であることと『簡単』にできることが重要です!

ここで紹介する勉強はできるだけ避けるようにしましょう。

スキマ時間にNGな勉強
  • 時間のかかる勉強
  • 書く必要がある勉強
  • 覚えるだけではあまり意味のない勉強

大きく分けるとこの3つがNGな勉強内容です。

それぞれ詳しく解説します。

NG1:時間のかかる勉強

時間のかかる勉強をスキマ時間ですると、中途半端になることが多いためおすすめしません。

時間のかかる勉強の例はこちら

  • 数学や理科の計算問題
  • 英語の長文読解
  • 国語の文章題

などです。これらの勉強はまとまった時間がある時にするようにしましょう。

※5分で1題だけ解き切るなどの時間制限をかける場合は取り組むことが可能です!

NG2:書く必要がある勉強

書く必要がある勉強は、必然的に『時間と場所』が必要になります。

短時間では勉強できる量にも限るがあるので、スキマ時間の勉強には向いていません。

漢字や重要語句を書いて覚えたいときや、図や計算式などを書く必要がある場合は、スキマ時間ではなくまとまった時間をとって取り組みましょう。

NG3:覚えるだけではあまり意味のない勉強

理科・社会の重要語句や英単語などは覚えることでテストの点数に直結します。

ですが、数学の公式や理科の計算公式はそれを覚えているだけでは不十分です。

どのように公式を使うのか』というのを問題ごとに考える必要があります。

こんな風に覚えるだけではなく、実践する必要があるものはすぐに実践できるときに確認することがおすすめです。

公式や文法は問題を解くことで理解できる!

スキマ時間ではなく、まとまった時間をとってワークなどに取り組むようにしましょう。

スキマ時間の使い方 まとめ

今回はスキマ時間について詳しく解説しました。

この記事で重要なポイントを再度復習しておきましょう!

中高生のスキマ時間
  • 通学の時間
  • 授業の休憩時間・お昼休み
  • 学校についてから朝礼までの時間
  • お風呂の時間
  • トイレの時間

中高生の生活には、たくさんのスキマ時間があることを紹介しました。

スキマ時間が無い!という人は生活を書き出すことで時間を見つけることができましたね。

スキマ時間の使い方
  • 短時間だからこそ集中して取り組む
  • ダラダラと勉強しない
  • 勉強することは1つに絞る

スキマ時間は短時間なので使い方も考える必要がありました。

勉強することを1つに絞ることで有効に時間を使えます。

おすすめの勉強
  • 英単語の暗記
  • 理科・社会の重要語句暗記
  • 英語のリスニング

スキマ時間におすすめの勉強は上の3つでした。

気になるものはもう一度確認しておきましょう。

逆にスキマ時間におすすめでない勉強もありました。

スキマ時間にNGな勉強
  • 時間のかかる勉強
  • 書く必要がある勉強
  • 覚えるだけではあまり意味のない勉強

この3つです。

ヤマグチ
ヤマグチ
スキマ時間の特徴を活かした勉強内容に取り組めることが大切なので、今回の内容を参考に日々の勉強を工夫してくださいね。

勉強に関する質問や相談は、公式LINEで無料受付中です! 勉強方法や計画の立て方などなんでも相談可能です。 ぜひ、友達追加してご相談ください。

友だち追加
ヤマグチ
ヤマグチ
今までに1,000名以上が登録・相談してくれています!あなたもぜひご相談ください!