勉強方法について

【中学生】高校受験勉強の始め方|今やるべきことがわかります

  • 受験勉強を始めたいけど、何からすればいいかわからない
  • 今から始めるなら何をすればいいか知りたい

『受験勉強の始め方』を知らずに勉強を始めると、後々

  • この勉強をもっとしておくべきだった
  • この勉強は必要なかった

というような後悔をする可能性が高いです。

この記事では、後で後悔しないために

  • 受験勉強のおすすめの始め方
  • 学年・タイミング別に何を勉強すればいいのか

この2つについて解説します。

この記事を読むことで、受験勉強を有利に進めることができ、合格の可能性を高めることができます。受験が失敗する可能性を少しでも下げたい方はぜひ最後までご覧ください。

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

高校受験の勉強をいつから始めればいいかわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

中学生の受験勉強はいつから始める?高校受験の勉強を始める時期こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。 今回のテーマは『高校受験の勉強をいつから始めればいいのか?』です...
ヤマグチ
ヤマグチ
まずは、受験勉強のおすすめの始め方から解説していくよ!

受験勉強の始め方 おすすめ

受験勉強を始めるときの最大のポイントは『いきなり勉強しないこと』です。

受験までは長期間の勉強になるので、闇雲に勉強することはNG。

そこで受験勉強を始めるときは、以下の手順がおすすめです!

受験勉強の始め方
  1. 受験勉強の目標を設定する
  2. 受験までの計画を作成する
  3. 受験に使う教材を決める
ヤマグチ
ヤマグチ
1つずつ解説していくよ!

受験勉強の目標を設定する

受験勉強の目標を設定することで、メリットがたくさんあります。

受験勉強の目標設定 メリット
  • 受験勉強のやる気がUPする
  • 何を勉強すればいいのかに気づく
  • 受験のライバルを意識できる

受験を勝ち抜くためには、モチベーションを高く保ちつつ、やるべき勉強に取り組むことが必要です。そうすることで、ライバルに勝つことが出来ます。

まずは、受験の目標設定から始めましょう。

目標として決めるべきなのはこの4つです。

  • 志望校(どの高校を目指すか)
  • 受験本番での点数
  • 内申点
  • 定期テスト・実力テストの点数

優先度は上の方が高いので、志望校を決めることから取り組みましょう。

計画を立てるためには目標が必須なので、『志望校がまだ決められない』という人は定期テストや実力テストの目標点数を決めましょう。

受験までの計画を作成する

受験勉強で一番重要なのが『計画』です。

はっきり伝えます!

受験が成功するか失敗するかは計画で決まる!

進学塾などで集団授業を受けている人は、塾が強制的にペースを作ってくれます。

この場合は、必死に授業についていくこで学習内容や量は十分確保できます。

それ以外の人は、自分で計画を立てて勉強を進めなければいけません。

あなたは受験までの計画を立てることが出来ますか?

ほとんどの人がNOと答えると思います。

そもそも中学生に1年後や2年後を見据えた計画を立てなさい!ということは無理な要求です。

でも安心してください。この記事の後半で『いつ頃に何をすればいいのか』を知ることが出来ます。さらに、受験勉強の計画についてより詳しく書いた記事も近日公開します。

近日公開【受験勉強の計画の立て方】

これらの記事を読めば、計画については心配いりません!

受験に使う教材を決める

受験までの大まかな計画を立てることができたら、受験に使う教材を決めましょう。

学校指定の受験教材がある場合は、基本はその教材を利用しましょう。(新研究・整理と研究など)

問題数が少ない場合やレベルが低い場合は別途教材が必要です

受験勉強におすすめの教材は

  • 3学年の学習内容を網羅的に学べること
  • レベル別に豊富な問題量があること
  • 解説が丁寧なこと

この3つを満たしていることです。

問題集としておすすめなのは、こちらの『自由自在シリーズ』です。

3学年の内容を一冊で学習できるのはもちろん、レベル別に問題がたくさん載っているので、基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

created by Rinker
¥3,190
(2021/10/27 15:49:57時点 楽天市場調べ-詳細)

自由自在は参考書もありますので、教科書だけではわかりにくいという人は同時に購入することがおすすめです。(5教科あります)

受験前には『過去問』は必須です。

3年生の冬休み前には志望校の過去問を用意するようにしましょう!

自分でコツコツ勉強を進めることが出来ない人は、『スタサプ』の利用もおすすめです。

月額2178円で5教科の授業を受け放題!問題数も豊富で自分にあったレベルで学習を進めることが可能です。

スタサプを利用することで、受験に向けての苦手分野対策が簡単にできたり、忘れてしまった内容をすぐに復習することが可能になります。

こちらからスタサプ中学講座のHPをご確認いただけます。


学年・タイミング別 受験勉強内容

受験勉強を始めるタイミングに決まりはありません。

なので、始めるタイミングで何を勉強すればいいかも違います。

これから受験勉強を始めたい!という人は、

  1. 何を勉強すればいいのかを確認する(この後解説)
  2. 受験勉強の計画を立てる
  3. 実際に勉強を始める

この流れで取り組むことがおすすめです。

ヤマグチ
ヤマグチ
最初に紹介したように、目標設定や教材決めも忘れずにやってくださいね!

学年ごとに何を勉強すればいいのかを紹介していきます。

今から始めるなら何をすべきなのか確認してください。

中学1年生で受験勉強を始める人

中1から受験勉強を始める人は、以下の3つをメインに進めましょう。

  • 授業で学習した内容の復習
  • 定期テストの勉強・復習
  • 数学と英語を中心に勉強

中1の段階でやるべきことは、授業で学習した内容を徹底的に理解することです。

特に『数学と英語』は1年生で学習する内容が受験問題の基礎になります。

1年生から受験勉強を始めたい人は、まず数学と英語の勉強からやってみましょう。

 

授業の復習をして、理解を深めることが受験勉強に直結するので、『定期テストの復習』も重要です。

定期テストでは、範囲ごとの重要問題がたくさん出題されるので、復習することでポイントを理解することが出来ます。

ヤマグチ
ヤマグチ
「テストで何点取れたか」も大事だけど、本当に理解できているのかを確認しよう!

理科や社会などの暗記が中心の科目はどうしても忘れてしまいます。

なので、定期テスト後すぐは数学・英語を中心に復習して、夏休みなどの長期休暇で理科や社会をまとめて復習しましょう!

中学1年生の受験勉強
  • 学期中:『数学・英語』を中心に授業・定期テストの復習
  • 長期休暇:理科や社会の暗記科目も学習範囲を復習
ヤマグチ
ヤマグチ
次は2年生の受験勉強を紹介するよ!

中学2年生で受験勉強を始める人

中2から受験勉強を始める人は、以下の3つをメインに進めましょう。

  1. 1年生の学習内容を復習
  2. 定期テストの勉強・復習
  3. 苦手教科・苦手単元の克服

2年生に求められることは、大きく2つあります。

  • 1年生で学習した内容の基礎を理解すること
  • 3年生の学習に備えて苦手分野を克服すること

2年生の学習内容は、数学・英語を中心に1年生の発展内容がほとんどです。

そのため、1年生の内容がわかっていないと授業についていくことすらできなくなります。

2年生から受験勉強を始める人は、まず1年生の学習内容を復習することから始めましょう。

学校のワークで復習すると問題数が多すぎるので、『自由自在シリーズ』や『学校指定の受験教材』で復習することがおすすめです。

1,2年生の学習内容は3年生の勉強の基礎になるものなので、苦手教科や苦手な分野の復習にも力を入れましょう。

苦手教科や苦手分野は定期テストを解き直して見つける

1度、今までの定期テストを解き直すことで、どの教科が苦手なのかをはっきりさせることが出来ます。

特に数学と英語は定期テストの解き直しが有効です!

定期テストの解き直しは時間がかかるので、長期休暇やテストがない時期に計画的に取り組むこと

もちろん2年生の授業内容も重要なので、授業の復習の合間に1年生の復習や苦手教科の克服をする必要があります!

中学2年生の受験勉強
  • 学期中:授業の復習・1年生の復習・苦手教科の克服
  • 長期休暇:定期テストの解き直し・1,2年生で学習した内容の総復習

2年生の長期休暇は、総復習するのにベストな時期です。

夏休み・冬休み・春休みの3回復習できれば、受験勉強を余裕を持って進めることが出来ます。

長期休暇だけでも受験勉強として『1,2年生の総復習』をすることをおすすめします!

ヤマグチ
ヤマグチ
次に3年生の受験勉強を紹介!3年生はタイミングを細かく区切って確認するよ!

中学3年生で受験勉強を始める人

中学3年生から始める人は、受験勉強を始めるタイミングが大きく分けて3つあります。

  1. 中2〜中3にかけての春休みに始める
  2. 中3の授業が始まるタイミングで始める
  3. 部活引退後の夏休みから始める

夏休み以降に受験勉強を開始することはおすすめしません。

勉強すべき量と勉強できる時間を考えると、ギリギリのタイミングが夏休みの時期だからです。

ヤマグチ
ヤマグチ
ここからは、3つのタイミングに分けて何を勉強すればいいのか解説していくよ!

中2〜中3にかけての春休みに始める

中3から受験勉強を始めようと思っている人は、この春休みのタイミングで始めることを強くおすすめします。

春休みから受験勉強を始める人は次の2つをメインに勉強しましょう。

  1. 1,2年生の学習内容を復習(基礎レベル)
  2. 苦手教科・分野の復習

3年生になる前に1,2年生の学習内容をできる限り理解している状態にしましょう。

【数学・英語】→定期テストを解き直す

【理科・社会】→参考書・問題集でさらっと復習

【国語】→漢字・古文単語・文法の復習

数学や英語は、苦手分野がはっきりしやすいので、定期テストの復習がおすすめです。

点数が低い単元や分野を重点的に復習するようにしましょう。

復習には問題集を活用しよう!

理科や社会は暗記科目なので、定期テストをするとほとんど忘れている場合があります。

教科書やワークでは勉強すべきことが多すぎるので、復習用の参考書や問題集を利用しましょう。

おすすめは『自由自在』のまとめノート・実力問題に取り組むことです。

まとめノートで要点を復習→実力問題で実際に問題を解く

この学習だけで、基礎的な内容は復習することが可能です。

自由自在はこちらから

ヤマグチ
ヤマグチ
春休みから受験勉強を始める場合は、1,2年生の復習を徹底して取り組もう!

中3の授業が始まるタイミングで始める

中3の授業が始めるタイミング(4月上旬)には受験勉強を始める人がたくさんいます。

なので、受験勉強を始めやすいタイミングでもあります。

この時期に始める人は次の2つをメインに勉強しましょう。

  • 授業の学習内容の復習
  • 苦手分野の復習(実力テストで判断)

部活をしている人は、夏休みまで忙しい日々を過ごすことになるので、やるべきことを絞ることが重要です。

3年生の学習内容は受験に直結する分野が多いです。

なので、授業を理解することが最優先事項です。

3年生の学習内容は復習する時間がほとんど取れないので、「毎日の授業が受験勉強なんだ!」というような気持ちで取り組みましょう。

3年生の1学期の間は定期テストの勉強がとても重要!

授業の復習の合間で、1,2年生の学習範囲の中で苦手な分野の復習をしましょう。

3年生では、定期テスト以外に実力テストがほぼ毎月実施されます。

1,2年生の学習範囲から出題されるテストなので、そのテストの結果をもとにして復習する分野を決めましょう。

1学期中に2回〜3回ある実力テストの復習をすることで苦手分野を定期的に勉強することが出来ます。

ヤマグチ
ヤマグチ
1学期から受験勉強を始める場合は、3年生の学習内容と苦手分野克服が重要!

部活引退後の夏休みから始める

3年生が受験勉強を始める最後のタイミングになるのが部活引退後の夏休みです。

この場合は、夏休みの過ごし方がとても重要です!

夏休みにやるべきことは次の2つです。

  • 1,2年生の学習内容の基礎を固める
  • 得意教科・分野の問題演習

夏休みはまとまった時間を取ることができるので、1,2年生の復習を一気に進めましょう。

2学期以降は、学校の授業と並行して問題演習を進める必要があります

そのための基礎的な知識を夏休みに勉強しておきましょう。

勉強の方法は春休みの取り組み方と同じです。

『自由自在』を使って学習する場合は、

まとめノートで要点を復習→実力問題で実際に問題を解く

この流れを全教科で取り組みましょう。

学校指定の受験教材がある場合は、基礎レベルの問題を中心に繰り返し学習しましょう。

基礎的な内容を理解することが超重要!

基礎問題をすらすら解くことができるようになったら、得意教科の問題演習にも取り組みましょう。

『自由自在』なら、発展問題に取り組みます。他の教材の場合は、応用レベルの問題にチャレンジしましょう。

応用問題を解くのは、得意科目だけでOK

夏休みは時間があるといっても、何でもかんでもできるわけではありません。

必要な科目だけ応用問題を解くようにしましょう。

夏休みの間に本格的な受験勉強に取り組める基礎を固めよう!

過去問はいつから取り組めばいいの?

ここまでの勉強では過去問についてお伝えしませんでした。

なぜなら高校受験の過去問は、12月以降に取り組めば十分だからです。

高校受験の問題には、3年生の2学期以降に学習する内容がたくさん出題されます。

そのため、3年生になったばかりのタイミングや、夏休みに取り組んでもわからない問題がたくさんある状態です。

おすすめのタイミングは、

  • 数学の円周角の定理
  • 英語の関係代名詞

を学習してからです。このタイミングが11月〜12月にかけてになることが多いので、過去問は12月からでOKです。

近日公開【高校受験の過去問の使い方】

高校受験勉強の始め方 まとめ

この記事では、高校受験勉強の始め方を詳しくまとめました。

どの学年にも共通するのが、

  • 授業の学習内容を復習すること
  • 今までに学習した内容を復習すること

この2つです。

受験勉強は、学校で学んだことを何度も繰り返すことで理解することが基本です。

どの学年・タイミングで受験勉強を始めてもやるべきことは『今までに学習したことの復習・理解』です。

最終的には、受験で問題を解けるレベルまで学力を上げる必要があります。

そのための方法はこちらにまとめます。

近日公開【高校受験の勉強方法を徹底解説】

今何をすればいいかわかった人は、どのように勉強を進めればいいのかを確認して合格目指して勉強してください!

勉強に関する質問や相談は、公式LINEで無料受付中です! 勉強方法や計画の立て方などなんでも相談可能です。 ぜひ、友達追加してご相談ください。

友だち追加
ヤマグチ
ヤマグチ
今までに1,000名以上が登録・相談してくれています!あなたもぜひご相談ください!