滋賀県の高校入試

【石山高校】合格最低点と内申点|ボーダーラインをプロ家庭教師が解説

石山高校 合格最低点
  • 石山高校に今の成績で合格できるか不安…
  • 過去問で全然点数が取れなくて志望校を変えるか迷っている…
  • 結局、入試で何点とればいいのか教えて欲しい!

受験当日の入試問題で何点取れば石山高校に合格できるのかを知っていれば、受験の悩みはほとんどなくなると思いませんか?

  • 合格の基準が明確になる
  • どの問題・レベルに対応すればいいかがわかる
  • どのように受験勉強に取り組むべきかがわかる

この記事では、あなたが石山高校に合格できるかどうかを大きく左右する『合格最低点』と『内申点』について詳しく解説します

この記事で解説する内容は、受験勉強を始める前に必ず知っておく知識です。

この記事は今の自分の成績と見比べながら読み進めることがおすすめです。そうすることで、受験までに力を入れるべきポイントがわかり、石山高校の合格率を高めることができます。

この記事の内容
  • 石山高校の合格最低点:普通科340点〜を目指そう
  • 石山高校の受験に必要な内申点:普通科105~115
ヤマグチ
ヤマグチ
滋賀県の公立高校は「学力検査+内申点」で合否判定が行われるので、必ずどちらも確認してください!
筆者「ヤマグチ」について
  • 滋賀県のプロ家庭教師として中高生を指導
  • 公式LINEで1000人以上の中高生・保護者との相談実績
  • 滋賀県の高校受験相談開始(相談はこちら

石山高校の合格最低点

石山高校 合格最低点

石山高校に合格するために必要な合格最低点はこちら。

普通科:340点〜

ほとんどの年は340点代が合格最低点になると予想されます。ですが、年度によって大きく点数がずれることがあるので注意してください。

合格最低点は発表されていないため、あくまで予想点数です。

合格点がずれる原因はこちら

  • 受験生の学力の違い(全体の学力が高いときは合格点は上がる)
  • 入試問題の難易度(難しい年は合格点が下がる)

この2つが大きな理由ですが、どちらも受験生がどうにかできる問題ではありません。受験生は、できるだけ高い点数を取ることに力を入れるようにしましょう!

参考までに2021年度の入試で石山高校に合格した生徒の情報を公開します。(家庭教師をしていた生徒が情報開示したものです。)

令和3年度石山高校受験結果

5教科合計点数:372点
内申点:平均34~35点(3学年の平均)
総合順位:100位以内/224人 

2021年度の一般入試での合格者は224名なので合計372点で半分以上の順位ということになります。内申点がこの生徒より高い人は、学力テストの点数が多少低くても十分合格圏内になります。

石山高校は県内でも上位の進学校なので、「意外と合格点が低い!」と感じた人もいると思います。実際に、

  • 定期テスト:420点以上
  • 実力テスト:400点以上

このくらいの点数がないと学校の先生や塾の先生も石山高校の受験はおすすめしないはずです。その理由がこちら

  • 滋賀県の入試問題の難易度が高い
  • 内申点の差が受験結果に影響しやすい

滋賀県の入試難易度が高いため、そもそも点数が取りにくいということも理由の一つですが、大きなポイントは2つ目の内申点の影響です。

滋賀県の入試は3年間の内申点を合計して合否判定するため、大きな差がつきやすくなっています。内申点については次に詳しく説明します。

ヤマグチ
ヤマグチ
石山高校に合格するためには7割程度の得点があればOK!ですが、内申点によっては点数が大きく変わるので注意が必要です。

石山高校を受験する中学生の内申点

石山高校 内申点

石山高校を受験する中学生の内申点の目安はこちら

内申点の目安:3学年合計105~115

合格している生徒の多くは目安の内申点以上をとっています。

3学年の合計を105以上にするためには、各学年オール4以上の成績が目標です。

5の評価が複数ある場合はそれだけで有利に受験を進めることができるため、内申点はできるだけ高い点数をとれるようにしましょう。

内申点が低くて悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてください。

内申点の上げ方3選|高校受験の結果を左右する点数の出し方をプロ家庭教師が解説『受験のために内申点を上げたい』『内申点を上げるために何をすればいいか知りたい』そんな中学生や保護者の方必見の記事です。内申点の決め方から、内申点を上げるポイントまで詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。...

実際にどのような内申点・点数で合格したのかはこちらをご覧ください。

滋賀県入試データ(Benesse)

上のデータでは、石山高校に合格した生徒の内申点・点数を確認することができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
次に石山高校の合否判定について紹介します。内申点と学力検査の関係をしっかり理解しましょう!

石山高校の合否判定

石山高校 合否判定

石山高校は以下の割合で合格判定を行います。

内申点:学力検査 = 3 : 7

学力検査の方が割合は大きいですが、1点の価値は内申点の方が大きいことに注意してください。

わかりやすいように「内申点+学力検査=1000点」として考えると以下の表のようになります。

項目 配点 1点あたりの価値
学力試験 700点 1.4点
内申点 300点 2.2点

見るべきポイントは1点あたりの価値です。

※学力検査:500点→700点|内申点:135点→300点

配点自体は学力検査の方が大きいですが、1点の価値は内申点の方が大きくなります。つまり、内申点10点の差は、学力検査10点以上の差になるということです。

簡単にまとめると以下の表のようになります。

内申点の差 5点 10点 15点 20点 25点
学力試験の差 7.8点 15.7点 23.5点 31.4点 39.2点

内申点は3年間の合計なので、25点分の差は簡単についてしまいます。これを見れば、各学年の成績がどれほど大切かが理解できるはずです。

ヤマグチ
ヤマグチ
最後に今回の記事の重要ポイントを再確認しておきましょう!

石山高校 合格最低点・内申点 まとめ

この記事では石山高校の合格最低点と内申点についてまとめました。

高校受験では「合格最低点」や「内申点」についての知識は必須になりますが、塾などへ通っていない場合は知らない人も多いはずです。

石山高校を目指している人は、どれだけの点数を取ればいいのかを再度確認しておきましょう。

石山高校に合格するための最低合格点はこちら

普通科:340点〜

石山高校合格のために超高得点(450点以上)は必要ありません。内申点をしっかり取れていれば、7割程度の得点で十分合格が可能です。

内申点の目安はこちら

内申点の目安:3学年合計105~115

各学年でオール4以上の成績を取ることができていれば問題ありません。

評定5の教科が複数あれば、それだけでかなり有利に受験を戦うことができます。

合否判定の割合はこちら

内申点:学力検査 = 3 : 7

学力検査の方が割合は大きいですが、1点の価値は内申点の方が大きいことに注意が必要です。内申点で30以上の差になると学力検査では50点近い差になるため逆転するのがかなり難しくなります。

石山高校合格を目指す中学生の方は、まず内申点を底上げすることを意識しましょう。

そのためには以下の3つが大切です。

  • 授業への積極的な参加
  • 定期テストでの高得点
  • 提出物や課題をより丁寧に

これを意識するだけでも内申点は大きく上がる可能性があります。ぜひ取り組んでみてください!

合格最低点や内申点についてはわかったけど、どうすればその点数が取れるのかはわからない」という人もいると思います。

そのような方はこちらの記事を参考にしてください。

【受験対策】石山高校に合格するための受験勉強方法をプロ家庭教師が解説石山高校に合格するための方法を知りたくありませんか?この記事では、石山高校に合格するために必要な勉強方法を具体的に解説します。石山高校の受験を考えている方は必読です。...

この記事には石山高校受験の勉強法をまとめています。

お知らせ

滋賀県の中学生・保護者の方を対象に公式LINEで無料相談を実施中です。

  • 『受験勉強にどう取り組めばいいかわからない』
  • 『どの問題集で勉強を進めればいいかわからない』
  • 『このままの勉強方法で受験は大丈夫なのか心配』
  • 『滋賀県の模試や受験情報が知りたい』
  • 『気軽に受験勉強の相談に乗って欲しい』

などなど悩んでいることをなんでも相談可能です。現在も滋賀県中心に家庭教師として活動しているヤマグチが責任を持って対応させていただきます!

友だち追加