勉強方法について

【中学生】テスト前日の過ごし方|成績が上がるテスト直前勉強法を解説

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

今回は、『テスト直前の過ごし方・勉強方法』というテーマについて解説します。

  • 明日からテストが始まるけど、直前の勉強方法がわからない。
  • テスト前日は勉強しないほうがいいって聞いたけど、どうなの?
  • テスト前はやっぱり寝ずに勉強しないとだめかな?

こんな不安を持っている人におすすめの記事です。

テスト前日の過ごし方は、テストの結果に大きく影響するので不安な人も多いと思うので、記事を参考に過ごし方を考えてみてください。

この記事のポイント

この記事では、テスト前日の過ごし方のポイントを3つ紹介します。

テスト前日の過ごし方や勉強法を変えるだけで、テストの成績を簡単に上げることが可能です。

テスト直前だけど少しでも成績を上げたい!いい点数を取りたい!という人は最後までご覧ください。

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

テスト前日の過ごし方 3つのポイント

テスト前日に意識することは3つです。

多くを考えすぎると、普段と生活リズムが変わってしまい逆に緊張してしまいます。

基本的には、いつも通りの生活を心がけるようにしましょう。

テスト前日のポイント
  1. 翌日のテスト教科の復習
  2. 暗記系と演習系に分ける
  3. いつも通りの時間に寝る

テスト前日に全ての勉強をしようとすると、時間的にも脳のキャパ的にも限界があります。

ですが、『テスト前には勉強しないほうがいい!』というのは間違いなので、テスト直前まで勉強しましょう。

テスト直前は上の3つのポイントだけを意識することで十分な成果を期待できます。

翌日のテスト教科の復習

中学生の場合は、定期テストは1日か2日に分けて行われることがほとんどです。

1日にまとめてテストがあるときは、全ての教科の全範囲を復習することは困難なので、苦手な教科をメインに復習するようにしましょう。

復習する教材:テストに出題される優先度が高いもの

教科を絞るだけでなく、教材も決めて復習しましょう。

テストの出題傾向や、テストのポイントが配布されるはずなので、そこから優先すべき教材を決めましょう。

  • ワークの基本問題は必ずできるようにしましょう。→ワーク優先
  • ワークの問題は全て解けるようにしておきましょう。→ワーク優先
  • 授業ノートを見返し、話の要点を掴みましょう。→教科書・ノート優先
ヤマグチ
ヤマグチ
各教科ごとのポイントを確認してやるべき教材を決めましょう!

ポイントを読んでも何をすればいいかわからない場合は次の優先順位を参考にしてください。

  1. テスト範囲のワーク
  2. 教科書のまとめ問題
  3. 教科書・ノートで授業復習

テストで出題される問題は、ワークと似たような形式がほとんどなので、ワークの問題の優先度は高いです。

テスト範囲が広い時などは、1回目や2回目の勉強で間違えた問題やわからなかった問題を中心に復習することで効率的にテスト勉強を進めることができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
間違いノートを作っておけば、テスト前に必要な勉強が簡単にできます。
近日公開【間違いノートの作り方と活用法】

テストの日程が数日に分かれている場合は、翌日の教科を中心に勉強しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
2~3教科の勉強でいいので、1教科に時間をかけることができます。

このときも、テストに出題される可能性が高い教材を中心に勉強しましょう。

復習は暗記系と演習系に分ける

テスト直前の勉強では、勉強したものがそのままテストで出題されることも珍しくありません。

ですが、『せっかく勉強したのに忘れて書けなかった…』ではもったいないので、勉強の特徴で時間を分けましょう。

暗記系の教科は寝る前にまとめて勉強する

教科:理科・社会・国語の漢字や四字熟語など

暗記したいものは寝る直前に取り組むようにしましょう。

寝ている間に記憶に定着するので、できるだけ寝る前にすることがおすすめです。

ヤマグチ
ヤマグチ
テスト当日の朝も再度復習すれば、テストまで覚えている可能性がかなり高くなりますよ!

理科の計算問題(天気・溶解度・力など)は暗記だけでは点数を取りにくいので、『演習系』と同じように勉強しましょう。

演習系の教科は、まとまった時間が取れるタイミングで勉強する

教科:数学・英語・理科(計算問題)

数学や英語などは、公式や文法を使いこなせる必要があります。

問題によって柔軟に使い方を変える必要があるので、実際に問題を何度も解く必要があります。

演習系の勉強は、時間がかかることが多いのでまとまった時間が取れるタイミングで勉強するようにしましょう。

『学校から帰宅してすぐの時間』や『朝学校へ行くまでの時間』など、焦らなくていい時間帯に勉強することがおすすめです。

『テスト前日だけ朝起きて勉強する!』などは注意が必要

時間を作るためにテスト前だけ普段と違うことをすると、予期しないハプニングが起こる可能性があります。

いつもより早起きしたら、授業中やテスト中に眠くなって集中できなかった…

というようなことがないように気をつけましょう。

いつも通りの時間に寝る

テストの前日はついつい勉強しすぎで夜更かしすることもあると思います。

ですが、徹夜は絶対にやめましょう。

勉強において、徹夜することのメリットはありません。

『徹夜して課題を終わらせた』
『夜遅くまで提出物やってた!』

というのは、自慢ではなく、『いつも勉強してないアピール』をしているだけです。

コツコツと勉強を続けていれば、テスト前日だからといって遅くまで起きておく必要はありません。

いつも通りの睡眠を心がけましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
いつも寝るのが遅い場合は、少し早めに寝るようにしましょう!12時前までには必ず寝るようにしましょう。

テスト前日の過ごし方 まとめ

テスト前日に意識することは、『いつも通りの生活』です。

そして、勉強するときは次の3つのポイントを意識しましょう。

テスト前日のポイント
  1. 翌日のテスト教科の復習
  2. 暗記系と演習系に分ける
  3. いつも通りの時間に寝る

テスト前日は、勉強できる時間も限られているので、できるだけ効率的に勉強することが大切です。

そのためには、間違えた問題だけを復習できるように『間違いノート』を作ったり、テストに出やすい教材を中心に勉強することが大切です。

勉強する時間を『暗記系』と『演習系』で分けることもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

テスト前日に焦らず勉強するためには、毎日コツコツと勉強することが大切です。

テスト前日は提出物のワークで精一杯とならないように、計画的に勉強しましょう。

計画的に勉強に取り組みたい方はこちら

勉強内容の決め方|具体的な計画を使って手順を解説【中学生】「計画作成時の勉強内容の決め方がわからない」という中学生必見。具体的な計画を使って、勉強内容の決め方と計画の立て方を解説しました。どのように計画を立てればいいかわからない人は、ぜひご覧ください。...

テストの計画作成を例を出して解説しているので、計画をしっかり立てたい人におすすめです。

公式LINEでは、中高生の勉強相談を無料で行っています。
今までに1,000名以上の中高生・保護者様が友達追加してくれています。

ぜひお悩み相談に活用してください。

友だち追加