勉強方法について

勉強の集中力を高める環境の作り方|受験生・中高生におすすめ

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

今回は、『集中力を高める環境』について紹介します。

  • 家だとなかなか集中できない
  • どこで勉強すれば集中できるのかわからない
  • 集中できる環境がわからない
ヤマグチ
ヤマグチ
こんな悩みを抱えている中高生必見です!
勉強に集中し、成績を上げることができるようになる環境について紹介しますよ!
この記事のポイント

勉強に集中するための環境の作り方を、【自宅編】と【外編】に分けて紹介します。

自宅で勉強することが多い人は、勉強する部屋の環境を変えることで、集中力を高めることができます。

5つのポイントを紹介するので、実際に試して効果を実感してください!

自宅外での勉強については、『勉強場所の選び方』と『勉強する人の選び方』を紹介します。

外での勉強は『どこで』『誰と』勉強するのかがとても重要なので要チェックです!

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

集中できる環境作り【自宅編】

中学生や高校生の多くは、自宅で勉強している時間が最も長いと思います。

なので、自宅の勉強環境を整えることは、あなたの成績に直結すると行っても過言ではありません。

これから紹介する5つのポイントを意識して、環境を整えてください。

自宅の環境作りポイント
  1. 集中して勉強する場所を固定する
  2. 勉強机の上には何も置かない
  3. 必要なものがどこにあるか把握しておく
  4. 目につくものは隠す
  5. 室温は少し低めに設定する

これを実践するだけでもかなり集中力を高めることができます。

1つずつ詳しく解説します。

集中して勉強する場所を固定する

自宅で勉強する場合は、集中して勉強する場所を固定するようにしましょう。

自室がある人は、「自分の部屋の勉強机」
自室がない人は、「リビングの机」

などと勉強する場所を決めましょう。(自分が好きな場所でOK)

これを決めることで、『勉強場所に座る=勉強する』という意識を持つことができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
『今から勉強を始めるよ!』と意識することが集中するためには必要です。

勉強机の上には何も置かない

勉強を始めるときは、今から勉強する教材と筆記用具以外は置かないようにしましょう。

勉強に必要なもの以外が置いてあると、ついつい気が取られてしまう事があります。

『集中力を切らす原因』になるものは、最初から準備する必要がありませんよね。

1つの教科の勉強が終わったら、次の教科の準備をすることで、集中力を保ったまま勉強を継続する事ができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
学校の授業も必要なもの以外は片付けておく方が集中して勉強できるよ!

必要なものがどこにあるか把握しておく

勉強に必要な教材がどこにあるのかわからなくなると、探してる間にどんどんやる気は無くなります。

常に勉強教材や必要なものはどこにあるのか把握しておくことで、無駄な時間も減らす事ができます。

おすすめの管理法
  • 教科書等の教材は教科ごとに整理する
  • 帰宅後すぐにカバンから教材を出し整理する
  • 机の上に縦積みしない

1つ目と2つ目をするだけでもかなり効果があります。

教科ごとに整理するときは、順番も決めると整理しやすくなります。

左から、教科書→ノート→ワーク→その他の教材

という風に自分なりに順番のルールを作ってみましょう。

3つ目の机の上の縦積みはついやってしまいますが、教材を探すのが面倒になるので絶対にやめましょう!

教科書などを探す時間は本当に無駄なので、ルールを決めてしっかり整理整頓しましょう。

目につくものは隠す

机の上に何も置かないことと同じように、部屋の中にある気になるものはできるだけ減らしましょう。

移動できるものは、違う部屋に移動させることで解決しますが、移動できないものもあると思います。

移動できないものは、見えないように隠してしまいましょう!

大きなものは布などを被せるだけで視界から消す事ができます。

机の上のものなどは、段ボールなどを用意してそこに詰め込んでしまいましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
なんでもBOXを作っておけば、不要なものをすぐに入れれるので便利ですよ!

視界から物をなくすことで、他のことに集中が向くことが減るので、『気になるものは隠す』は絶対にやっておきましょう!

室温は少し低めに設定する

人の集中力は温度によっても左右されます。

暖かいところにいると眠くなってしまうので、集中力を高めたいときは室温を少し低めにしておきましょう。

寒すぎる場合は、体に悪いので、『少し肌寒いな』と感じる温度に設定しましょう。

空気の入れ替えもとても大切なポイントです。

勉強の合間に窓を開けて、空気を入れ替えるようにしましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
窓を開けるために立つ事で、同じ姿勢でい続けることも防げます。一石二鳥以上の効果がありますよ!

集中できる環境作り【外編】

中高生になると自宅以外で勉強することもあると思います。

そこで、『勉強する場所の選び方』と『勉強する人の選び方』について紹介します。

集中できる場所は人によって個人差があるので、いろいろ試して一番合う場所を選んでください!

勉強する場所の選び方

家の外で勉強する場合は、勉強する場所を固定するのではなく、2~3箇所の候補場所を決めておくことがおすすめです。

1箇所しか候補が無い場合は、その日の気分や勉強場所の人の数などによって思い通りに勉強できない可能性があります。

特に、休日や夕方以降に人が多くなる場所(カフェ等)で勉強しようとしている人は注意してください。

おすすめの勉強場所
  • 適度な雑音がある場所:勉強している人が多いカフェ・公共の図書館
  • 静かで集中できる場所:学校の図書室・自習室・塾の自習室

外で勉強する際は、『適度な雑音がある場所』か『静かで集中できる場所』がおすすめです。

適度な雑音がある場所では、深く集中して勉強することは難しいです。

ですが、友達と相談しながら勉強したり、長時間勉強しても苦痛になりにくいというメリットがあります。

友達にじっくり勉強を教えてもらいたい場合などにおすすめ

カフェの場合は、勉強している人が多いほうが集中しやすい(騒がしすぎない)ためお勧めです。

静かで集中できる場所では、1人で黙々と勉強するか、友達と意識しあって勉強する場合に向いています。

学校の図書館や自習室・塾の自習室は、勉強したい人が集まってくるので、周りの影響も受けて勉強に集中しやすい環境です。

なかなか勉強のやる気が出ないときは、このような環境に行くことで勉強に取り組みやすくなります。

1人で集中して黙々と進めたいときにおすすめ

勉強する場所によって、得られるメリットが違います。

なので、毎回同じ場所で勉強するより、タイミングに合わせて変えてみるほうがいいかもしれませんね。

一緒に勉強する人の選び方

多くの人は「仲がいい人と勉強する」と思いますが、集中力だけの視点から見るとNGです。

集中力は、周りの人の集中力に影響を受ける事がわかっています。

集中している人がいればいるほど、自分も集中できるようになるという事です。

なので、一緒に勉強する人を探している場合は、自分よりも集中して勉強できる人を探してみましょう。

そうすることで、自分の集中力を高めることができます!

ヤマグチ
ヤマグチ
仲のいい友達と勉強を教えあったりすることも立派な勉強なので、自分の目的に合わせて考えてみましょう。

勉強に集中できる環境 まとめ

勉強に集中できる環境を作ることや選ぶことで、今までよりも勉強の効率が高まったり、成果が出やすくなります。

環境を整えることで、成績UPにつながるので、ぜひ今回紹介した方法や選び方を試してみてください。

もう一度ポイントを整理しておきます。

自宅の環境作りポイント
  1. 集中して勉強する場所を固定する
  2. 勉強机の上には何も置かない
  3. 必要なものがどこにあるか把握しておく
  4. 目につくものは隠す
  5. 室温は少し低めに設定する

集中するためには、目に入る場所に物を置かないことが大切です。

そのために①〜④で部屋の環境作りをしてみてください。

おすすめの勉強場所
  • 適度な雑音がある場所:勉強している人が多いカフェ・公共の図書館
  • 静かで集中できる場所:学校の図書室・自習室・塾の自習室

適度な雑音がある場所は、友達にじっくり勉強を教えてもらいたい場合などにおすすめです。

静かで集中できる場所は、1人で集中して黙々と進めたいときにおすすめです。

タイミングや目的に合わせて使い分ける事ができるように、いくつか勉強場所の候補を持っておきましょう!

勉強や計画に関する相談は公式LINEで受け付けています。
これまでに1,000名以上の中高生が相談してくれています。お気軽にお問い合わせください!

友だち追加