勉強方法について

塾と家庭教師の違い5選|お子様にあったサポート環境を選ぶ

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

今回は、『塾と家庭教師の違い』がテーマです。

保護者の方にとっては、塾や家庭教師などのたくさんの選択肢がある中で、どのサポートがお子様にとってベストな選択なのか迷うはずです。

・塾と家庭教師のどちらがいいのかわからない
・どんなところに違いがあるのかよくわかっていない

そんな悩みをお持ちの方が、塾や家庭教師を選ぶ基準を見つけてくれればいいなと思います。

この記事のポイント

この記事では塾と家庭教師の違いを5つのポイントに分けて解説します。

両者の違いを知ることで、『お子様の勉強サポートに求めていることを決めるきっかけ』にしていただけます。

また、お子様の性格や勉強意欲・現在の学力を考えて選ぶ際にも両者の違いを知っておく必要があるので、今後塾や家庭教師のサポートを考えている場合は、最後までお読みください。

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

塾と家庭教師の違い5選

塾と家庭教師は、中高生の勉強を支援するという立場は同じですが、さまざまなサポートが異なります。

この違いを知っておくことで、お子様に合った指導方法で指導してくれる塾や家庭教師を探しやすくなります。

今回紹介する塾と家庭教師の違いはこちら

塾と家庭教師の違い
  1. 指導形態・指導者
  2. 指導内容
  3. 料金
  4. 生徒の学力の影響
  5. 保護者の負担

塾と家庭教師で大きく違うものもあれば、会社ごと、教室ごとに特徴がある場合も多々あります。

実際に調べる際は、いくつかの候補を比較検討し『無料体験』ができる場合は必ず受講しましょう。

では、5つの違いについて1つずつ解説していきます!

指導形態・指導者の違い

塾と家庭教師の最大の違いはこの指導形態です。

集団授業・個別指導・衛星授業など
家庭教師 マンツーマンの個別指導が基本
塾の指導者 集団,衛星授業はプロ講師が多い・個別は大学生中心
家庭教師の指導者 大学生・個人契約・プロ家庭教師

塾の指導形態・指導者

塾には、複数の指導形態がある場合がほとんどです。

集団授業とは

集団授業は、学校の授業のように複数の生徒が同じ授業を受ける指導形態です。

進学塾では、集団授業を取り入れているケースが多いです。

集団授業の指導者はプロの講師が務めることが多く、授業の質は高い傾向があります。

個別指導とは

塾の個別指導は、講師1名に対し生徒1~3名の指導形態です。

一人一人に対応した指導を受けることができます。

指導者はバイトの大学生が務めることが多く、指導者によって質はバラバラです。

衛星授業とは

衛星授業は近年大手進学塾で取り入れられている指導形式です。

生徒自ら、授業動画で授業を受けて学習を進めていきます。

サポーターとして大学生が勉強計画やわからない問題の質問に答えてくれる場合が多いです。

授業動画は、有名講師も含むプロの講師の方々なので、授業の質は高くなっています。

家庭教師の指導形態・指導者

家庭教師の場合は、基本マンツーマンでの指導形態になります。

兄弟などの同時指導以外は、1対1の指導を受けることが可能です。

指導者は、大学生のアルバイト、プロ家庭教師や個人契約を行う家庭教師の先生などです。

家庭教師の派遣会社を利用する場合は、ほとんどが大学生のアルバイトです。

指導者によって、授業の質には大きな差が出るので、お子様との相性を確かめるためにも、必ず無料体験を利用しましょう。

無料体験がない場合は、利用を控える方が良いと思います。
指導形態・指導者の違い

塾:指導形態が豊富・プロ講師の指導を受けやすい

家庭教師:マンツーマンの個別指導メイン・大学生バイトがほとんど

授業内容の違い

塾と家庭教師では、指導形態の違いから授業内容にも違いが生まれます。

塾:集団 授業の予習が中心
塾:衛星 個人のペースで進められる/授業内容が豊富
塾:個別 生徒に合わせて指導/わからない単元から復習可能
家庭教師 生徒に合わせて指導/わからない単元から復習可能

塾の個別指導と家庭教師の授業内容はほとんど同じようになります。

使用する教材(塾は塾用の教材がある)や場所(家庭教師は自宅)に違いはありますが、指導方針もほぼ同じことが多いです。

塾:集団授業

塾の集団授業では、学校の授業の予習を中心に授業が進められます。

学校の教科書ではなく、塾の教材を使って進む場合もあるため、学校の進め方と違う場合もあります。

また、夏期講習や冬季講習は集団授業の形で進められることが多く、その学年の復習や受験対策が中心になります。

塾:衛星授業

衛星授業では、自分が勉強したい内容を自由に選択できるため個人のペースで学習を進めることができます。

ですが、授業は映像なので、直接質問やわからない部分の詳しい解説を得ることはできません。

衛星授業を取り入れているのは、大手の進学塾がほとんどなので、大学受験を考えての入塾を検討している場合は比較対象になります。

中学生の場合は、スタサプで十分効果を得られるため、衛星授業を選択する必要はありません。



スタディサプリでは14日間の無料体験が可能です。まずはこちらをお試しいただくのがおすすめです!

塾:個別指導 & 家庭教師

塾の個別指導と家庭教師はともに生徒のレベルに合わせた指導が可能です。

『予習よりも復習中心に指導してほしい』などの保護者の声も届きやすいです。

この指導方法は、講師のレベルによって生徒の成績は大きく左右されます。

生徒と先生の相性も含めて検討する必要がある指導方法です。

授業内容の違い

【塾 集団授業】学校の予習が中心の授業

【塾 衛星授業】自分のペースで学習可能(大学受験がメイン)

【塾 個別&家庭教師】生徒のレベルに合わせて指導可能

料金の違い

塾と家庭教師では料金にも差があります。

会社や指導をお願いする先生によっても料金の差が激しいのが教育業界ですが、目安は以下の通りです。

料金の目安
  • 塾 集団:10,000~15,000円(週1回の月額)
  • 塾 個別指導:15,000~20,000円(週1回90分の月額)
  • 家庭教師:15,000~20,000円(週1回90分の月額)

指導料は、集団授業が安い傾向があります。

多くの生徒を一度に指導するため、個別指導より安くなっています。

家庭教師は、マンツーマンが基本なので、回数を重ねると負担が大きくなります。

また、プロ家庭教師に指導を頼むと、3倍から5倍の金額が必要になることがほとんどです。

料金の違い

塾の集団授業が比較的安い

家庭教師は指導者によって大きな差がある

生徒の学力の影響

塾の集団授業を選択したい場合、他の生徒の学力が気になるという人もいると思います。

個別指導や家庭教師の場合は、他の生徒と比較する必要はありませんが、集団の場合は、レベルが高すぎる・低すぎるということが起こります。

それを避けるためには、進学実績や無料体験、実際に通っている友達に聞くなどの方法で情報集をしましょう。

生徒の学力の影響

集団授業は周りの生徒の影響を受けやすいので、授業の進度や進学実績を確認しよう!

競争する環境に身を置くことはモチベーションを上げる可能性もあるが、下げる可能性もあるので、慎重に検討してください。

保護者の負担の違い

料金以外にも保護者の方の負担になることがいくつかあります。

塾と家庭教師では負担が異なるので確認しましょう。

塾の負担

塾の場合は、『送迎問題』と『スケジュール』について負担がかかります。

近所の塾に通う場合は、送迎は必要ありませんが、基本は保護者の送迎が必要になります。

塾は夜遅くなることが多いため、家事等で忙しい時間と重なることも考えられます。

送迎バスがある塾も存在するので、その利用も考えてみましょう。

また、集団授業を選択している場合は、授業日程があらかじめ決まっています

集団の場合、振替が難しい場合もあるため、塾中心の生活になることも覚悟しましょう。

個別や家庭教師の場合は、相談次第で比較的簡単に変更できます。

家庭教師の負担

家庭教師の場合は、先生を自宅に上げることになるため気を使う場面が多々出てきます。

  • 指導中は物音やテレビの音量を気にする
  • 指導後はお茶などを出したほうがいいのか?
  • 子供部屋の掃除が追いつかない

などなど、人が家に来ることに抵抗がる人には相当な負担になります。

先生と仲良くなってしまえば、このような負担は減少しますので、継続的にお願いする場合はあまり気にしなくても大丈夫です。

保護者の負担の違い

塾:送迎が必要+塾中心の生活になる可能性あり

家庭教師:家族が気を使う場合がある

塾と家庭教師の違い まとめ

今回は、塾と家庭教師の違いを5つ紹介しました。

塾と家庭教師の違い
  1. 指導形態・指導者
  2. 指導内容
  3. 料金
  4. 生徒の学力の影響
  5. 保護者の負担

これらは、塾と家庭教師のどちらを選ぶのかを決めるときの基準にもなるものです。

今後、どっちにしようか迷った時は参考にしてください。

ですが、塾か家庭教師を決める際に一番重要なのは、お子様の性格ややる気です。

十分話し合ってから、どのサポートを受けるか決めるようにしてください。

勉強に関する質問や相談は、公式LINEで無料受付中です!
勉強方法や計画の立て方などなんでも相談可能です。
ぜひ、友達追加してご相談ください。

友だち追加
ヤマグチ
ヤマグチ
今までに1,000名以上が登録・相談してくれています!あなたもぜひご相談ください!