勉強方法について

英単語の覚え方を5STEPで解説【中学生・高校生の暗記法】

中高生の英語勉強の基本中の基本である『英単語』

受験や、定期テストの対策のためにも一番大事な勉強ですよね。

ですが、多くの人が英単語に対して苦手意識を持っていると思います。

  • 覚えるべき単語数が多すぎて暗記できない
  • 何回暗記してもすぐに忘れてしまう

というような「英単語を覚えることができない」という悩みは、英単語の暗記方法を知ることで解決することができます。

今、英単語の暗記が苦手な人は、正しい覚え方を知らないだけです。

この記事では、英単語の暗記方法を詳しく解説します。

ヤマグチ
ヤマグチ
「英単語を覚えられない」という人でも、確実に効果が出せる方法なので、ぜひ最後までチェックして下さい!
この記事でわかること
  1. 英単語の具体的な暗記方法(5STEPでできる)
  2. 英単語のおすすめ勉強計画(1日編)

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として50名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

 英単語の暗記手順5STEPで解説

英単語は、覚えるべき量が膨大なので、適当に暗記することはほぼ不可能です。

なので、手順を守って、確実に暗記していくようにしましょう。

この暗記手順を試す前に、「単語帳の使い方」をしっかりと確認することをおすすめします。

こちらの記事をまだ読んでいない方は、ぜひ確認して下さい。

英単語帳の使い方|誰でもできて成績が上がる正しい英単語の覚え方英語勉強の基礎である『英単語』を「覚えられない」「すぐに忘れてしまう」という中高生必見。英単語の覚え方を単語帳の使い方から丁寧に解説しました。これを見れば、単語学習の全てを理解することができます。...

この記事の内容をもとに、解説を進めていきます。

英単語暗記5STEP
  1. 1ページ分の単語を確認
  2. 日本語訳を隠して思い出す
  3. 1秒1単語を全ての単語で確認
  4. ①~③を目標の単語数まで繰り返す
  5. 1グループ全ての単語を復習する

この流れで英単語を覚えていきます。

1回の学習時間は約5〜10分が目安です。

5分程度で①〜⑤までを取り組めるように1グループの単語数を設定しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
最初は30~50単語がおすすめです!

1ページ分の単語を確認

1グループを50単語程度で設定したとしても、基本は1ページずつ暗記を進めます。

1ページには約7~10単語含まれていることが多いです。

なので、基本は1ページごとに覚えていきます。1ページの単語数が20単語以上や5語以下など多すぎたり少なすぎる場合は調整してください。

最初にやること

1ページ分の英単語を「英語→日本語訳」の順で確認する

このときのポイントは、

  • 必ず発音を意識すること(読めないものはCD)
  • 1つの日本語訳だけを確認すること
  • 1回目に全て覚える必要はないこと

この3つです。

英語を暗記するためには、「視覚と聴覚」を組み合わせる必要があります。

日本語でも、発音と意味は組み合わせて覚えていますよね。

英語も同じように、発音と意味を一緒に覚えましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
発音がわからない場合は、必ずCDを聞いてマネして下さいね

日本語訳を隠して思い出す

1ページ分の英単語を確認したら、日本語訳を隠して、「英単語→日本語訳」を思い出してみましょう。

  • 暗記するためには「思い出す」という行為が重要
  • 単語を見るたびに、日本語訳を強くイメージ

日本語訳を隠して「思い出す」ということに集中しましょう

このときのポイントは、

  • 思い出せない単語はすぐに日本語訳を確認すること
  • ただ眺めるだけにならないこと
  • 可能ならば、発音しながら繰り返すこと

この3つです。

ヤマグチ
ヤマグチ
特に、1つ目の「思い出せない単語」はすぐに日本語訳を見ることを意識して下さい!

英単語だけでなく、暗記しなければわからないものは、どれだけ悩んでも答えは出ません。

すぐに答えを確認して、何度も繰り返す方が確実に暗記することができます。

日本語訳を隠して思い出す作業は1回だけでなく、何度も繰り返しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
答えは長くても2秒以内に確認しましょう!

1秒1単語を全ての単語で確認

日本語訳を隠して思い出す作業を繰り返すと、どんどん進むスピードが上がるはずです。

全ての単語で日本語訳を1秒以内に答えられるようになったら、次に進みましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
英単語の暗記では、常に「1秒1単語」を頭の中で意識しておきましょう

これを意識することで、暗記するスピードがかなり早くなります。

上から順に1秒1単語で確認できたら、下からや、バラバラでもやってみましょう。

単語の並び順で覚えるのではなく、単語単体として暗記することにつながります

①~③を目標の単語数まで繰り返す

1ページ(10単語前後)を1秒1単語で進めることができたら、次のページに進みましょう。

次のページでも、①~③までを繰り返していきます。

目標の単語数は、グループごとの単語数です。

1グループを50単語に設定したら、その語数を満たすページまで取り組みましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
最初は語数を少なくして、無理のない範囲で取り組みましょう!
一番大切なのは、継続して勉強し続けることです。

1グループ全ての単語を復習する

目標の単語数を確認することができたら、仕上げに全ての単語を確認しましょう。

この段階で、最初に確認した単語を忘れていても大丈夫です。

忘れた単語を思い出すために時間を使うのはNG

忘れたものは、すぐに日本語訳を確認して、覚え直せばいいだけです。

ヤマグチ
ヤマグチ
この最終確認も最低3回は繰り返すようにして下さい!
3回以上繰り返しても覚えられない単語は、覚えにくい単語としてチェックしておきましょう

ここまでが、基本の英単語暗記法です。

これを何度も繰り返すことで、確実に暗記できるようになります。

次に、復習するときの方法について解説します。

英単語の復習方法【ポイント解説】

英単語は、1度の学習では覚えることができません。

なので、何度も繰り返すことになります。

ですが、ずっと同じ方法で復習をしていると、時間がかかってしまうので、工夫が必要です。

英単語復習のポイント
  1. 3周目以降は、覚えていない単語だけ確認
  2. 1ヶ月に1回は全ての単語を確認

この2つのポイントだけ意識しましょう。

3周目以降は、覚えていない単語だけ確認

単語を何度も繰り返していると、覚えている単語が増えてきます。

なので、3周目以降(①〜⑤を3回以上繰り返す)は覚えていない単語だけを確認するようにしましょう。

これによって、効率的に短期間で暗記することができます。

覚えていない単語をチェックする方法はこちら

チェックの方法
  1. 覚えていないものにわかりやすいマークをいれる
  2. 覚えたものにわかりやすいマークをいれる
  3. ページごとに覚えていない単語をまとめて付箋に書き、ページに貼る
  4. 覚えていない単語を別のノートに書く
  5. 覚えていない単語をまとめて単語帳を作る

チェックの仕方はどれでもいいですが、覚えていない単語数が少ない場合(10~20%くらい)は⑤の単語帳を作るのがおすすめです。

自分で、単語帳を作って、覚えたものから外していくことで効率的に学習できます。

単語数が多すぎると、作成に時間がかかるので絶対にやめましょう

1ヶ月に1回は全ての単語を確認

英単語は使っていないとどうしても忘れてしまうので、1ヶ月に1度は全ての単語を復習しましょう。

復習は、グループごとに行えばOKです。

最後にいつ復習したかがわかるようにしておきましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
9割以上の単語を覚えることができれば、次のレベルの単語帳に進んでも大丈夫です!

すでに目標レベルの単語朝であれば、100%目指して復習を繰り返しましょう。

英単語学習 おすすめの勉強計画(1日編)

英単語の学習は、単語学習のためだけの時間ではなく「隙間時間」に取り組むことをおすすめしています。

・単語帳があれば学習できる
・短時間で学習できる

この2つの利点を活かして1日の空いている時間で勉強を進めましょう。

おすすめの勉強計画
  • 朝:前日に取り組んだ単語の確認(通学中・朝の会まで)
  • 学校の休憩時間:その日の単語を確認(10分×3回)
  • 夜:その日の単語を再確認・その他復習(通学中・就寝前)

このパターンで英単語の暗記を繰り返せば、数ヶ月(2~6ヶ月)でほとんどの単語を暗記することができます。

朝は、通学の時間と朝の会までの時間を使って、前日の復習をしましょう。

復習すること(思い出すこと)が暗記には重要なので、優先的に取り組みましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
通学中は例文をCDで聞くことで「リスニング」の勉強も可能になるのでおすすめです

学校の時間は、合計で30分程度取れれば十分です。

10分休憩だけでなく、お昼の時間も上手く使って時間を確保しましょう。

学校にいる間に、その日のやるべき単語学習を終えるとベスト!

夜は、その日の単語の復習です。

1日経っていなくても単語はどんどん忘れていくので、復習は必須です。

ヤマグチ
ヤマグチ
覚えにくい単語は、チェックしておくことも忘れずに!

英単語をより暗記しやすくするための方法

英単語を単語帳だけで覚えることはあまりおすすめしません。

もちろん、単語帳をしっかり覚えることは重要ですが、一番大切なのは

テストで問題を解くことができること

ですよね。

単語は、テスト問題を解くための道具なので、「長文問題」や「並び替え」、「英作文」といった実際の問題で使えないと意味がありません。

そのために、やっておくべき勉強方法がこちら

おすすめ勉強法
  • 短い例文を使って単語の使い方を知る
  • 長文問題の中で出てきた単語を確認する

単語帳だけでなく、この2つの方法も並行して行いましょう。

単語帳には、例文がついているもの、長文が載っているものなど様々なパターンがあります。

最低でも、例文+CDがある単語帳を選ぶようにしましょう

例文や長文の中で単語を確認することで、その単語の使い方や、具体例がわかります。

単語と日本語訳を眺めているだけではわからない部分が見えてくるので、必ず取り組むようにして下さい。

長文の中でわからない単語が出てきた場合は、必ず調べてメモしておくようにしましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
長文から単語を学習するだけでも単語力のUPには効果大!
さらに、単語帳を使って、確実な単語力をつけよう!

英単語暗記法 まとめ

英単語の暗記は、いかに量をこなすのかが大切です。

ですが、ただ取り組むだけではダメですよね。

  • 「発音」を意識することで、「音と意味」をつなげること
  • 思い出すたびに、英語→日本語訳を強くイメージする

など、より覚えやすくするために工夫は必要になります。

今回紹介した5STEPを着実にこなすことで、英単語の暗記量は増やすことが可能です。

ヤマグチ
ヤマグチ
まずは実践してみることが大切です!
取り組みながら、改善できることは改善しましょう。

勉強に関する質問や相談は、公式LINEで無料受付中です! 勉強方法や計画の立て方などなんでも相談可能です。 ぜひ、友達追加してご相談ください。

友だち追加
ヤマグチ
ヤマグチ
今までに1,000名以上が登録・相談してくれています!あなたもぜひご相談ください!