勉強方法について

【中学3年生】数学勉強法|受験勉強と授業の両立・1,2年生の復習法

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです

今回は、中学3年生の数学勉強法について紹介します

  • 受験勉強と授業の両立ができるか不安
  • 中学3年生の1年間の過ごし方がわからない
  • 1,2年生の勉強内容が理解できていない

こんな悩みを抱えている中学生のための記事です

この記事でわかること
  1. 受験勉強と授業の両立の仕方
  2. 中学3年生の過ごし方
  3. 中学1,2年生の内容の復習法

受験に向けて数学を頑張りたい人は、中学3年生の1年間をどう過ごせばいいのか参考になります

ぜひ最後まで読んでくださいね

この記事は、公式LINEを通して、1000人以上の中高生・保護者の相談を受けてきた山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEを友達追加してご相談ください。(もちろん無料です) 

受験勉強と授業を両立させる方法

中学3年生の勉強ポイントは、「受験勉強と授業の両立」です

高校受験では、ほとんどの都道府県で内申点が重視されます

ヤマグチ
ヤマグチ
『入試問題だけ解ければ合格できる』ことはあまりないので気をつけよう!

ここでは、内申点に大きな影響がある『定期テスト』と『受験勉強』をどう両立すればいいかをまとめます

受験勉強と授業の両立方法
  1. 3年生の学習は受験勉強のつもりで取り組む
  2. 授業と関連する1,2年生の内容を復習する
  3. 長期休暇をうまく利用する

受験勉強と授業(定期テスト)を両立するためには、上の3つが重要です

それぞれ詳しく解説します

【近日公開!】定期テスト前勉強法【数学】

定期テストに関してはこちらもご覧ください(近日公開します)

3年生の学習は受験勉強のつもりで取り組む

3年生で学習する内容は、受験で最重要になる単元ばかりです

ですので、3年生で学習する勉強内容は、授業自体が受験勉強になります

ヤマグチ
ヤマグチ
定期テストレベルの問題も受験でたくさん出題されるので、『日々の勉強が受験につながっている』という意識が大切!!

3年生になったら、毎日の授業の復習は必ず取り入れるようにしましょう

  • 授業で理解できなかった問題の復習
  • 教科書を読み直す
  • ワークを解く

この3つに毎日取り組むことで確実に成績は上昇します

『受験勉強』と『授業』を違うものとして考えないことが重要

授業と関連する1,2年生の内容を復習する

日々の授業の復習をしながら、1,2年生の内容も復習することは難しいですよね

そこでおすすめなのが、

3年生の授業に関係ある単元を復習すること

3年生で学習する単元のほとんどは、1,2年生で学習した複数の単元の知識が必要です

授業で学習した単元に合わせて1,2年生の単元を復習することで、効率的に学力を伸ばすことができます

関連単元一覧

多項式 1年:正負の数・文字式|2年生:式の計算
2次方程式 1年:方程式|2年:連立方程式
二次関数 1年:比例|2年:一次関数
相似 1年:平面図形|2年:角度・三角形・四角形
三平方の定理 1年:平面図形・空間図形|2年:角度・三角形・四角形

これらは一例です

問題によっては、より多くの単元知識を使います

3年生の授業で学習したことに必要な知識を復習するだけでも、中学1,2年生の内容はほとんど全てを復習することができます

教科書で数学用語の意味を再確認するだけでも立派な復習

長期休暇をうまく利用する

受験勉強を計画的に進めるためには、長期休暇の利用は必須です

特に、夏休みは、受験勉強に本格的に取り組む人が一気に増えます

遅くても、夏休みには受験勉強を始められるように準備しておきましょう

数学の受験勉強は、1,2年生の内容を理解していることが重要です

ヤマグチ
ヤマグチ
授業と関連する分野以外は、長期休暇に一気に復習しましょう
長期休暇の優先順位
  1. 1,2年生の復習(不安な単元)・基礎問題
  2. 3年生の復習・基礎問題
  3. 分野ごとの基礎〜標準問題
  4. 必要に応じて応用問題

長期休暇になったからといって、すぐに入試問題に取り組むことはNG

まずは、基礎をしっかり固めることに専念しましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
応用問題は必要な人だけ取り組めばいいので、入試の合格ラインや内申点を見て戦略を考えよう!

中学3年生の過ごし方

ここまでで、3年生の勉強は『受験勉強+授業』が大切であることは理解できたと思います

では、1年間をどのように過ごすといいのか気になりますよね

中学3年生のおすすめ数学勉強スケジュールはこんな感じ

中学3年 スケジュール
  1. 夏休みまで:授業の復習+1,2年生の基礎問題
  2. 夏休み:長期休暇の優先順位①〜③
  3. 2学期前半(10月末まで):授業+1,2年生の入試レベル問題
  4. 2学期後半(11月以降):授業+3年生の入試レベル問題+過去問
  5. 冬休み以降:過去問+苦手分野復習
  6. 受験前:必要に応じて応用問題

大まかな流れをまとめました

どの段階でも、授業の復習はしっかりとやりましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
何度も言いますが、3年生の学習内容は、受験に必須の単元ばかりです!

夏休みまでの過ごし方

夏休みまでは、授業の復習(定期テスト勉強)をメインに1,2年生で学習した内容の基礎的な問題に取り組みましょう

1,2年生の簡単な問題を集めた問題集に取り組むとやりやすいです

ヤマグチ
ヤマグチ
分厚い参考書ではなくてもいいので、毎日継続して取り組めるものを選ぶようにしましょう!
おすすめ問題集:中学10分間復習ドリル
created by Rinker
¥572
(2021/10/27 21:48:00時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥572
(2021/10/27 21:48:00時点 楽天市場調べ-詳細)

このようなドリル形式の問題集は継続しやすいのでおすすめです

夏休みまでに、1,2年生の基礎を固めておくことが、受験勉強を上手に進めるために大切です

受験用のテキストがある場合はそちらをご利用ください!

受験対応のテキストで学習したい人はこちらがおすすめ

受験用おすすめ:自由自在問題集

基本問題〜応用問題まで幅広く問題演習を行うことができる1冊です

これを1冊持っていると、受験まで数学の問題に困ることはありません

夏休みの過ごし方

中学3年生の夏休みは、部活も引退し本格的に受験勉強に取り掛かる時期になります

夏休み以降の過ごし方で、受験にも大きな影響があるので、いいスタートが切れるようにしましょう

夏休み中には、先ほど紹介した『長期休暇の優先順位』の①〜③までにしっかり取り組むことがおすすめです

長期休暇の優先順位
  1. 1,2年生の復習(不安な単元)・基礎問題
  2. 3年生の復習・基礎問題
  3. 分野ごとの基礎〜標準問題

夏休みまでに取り組んだ1,2年生の内容の中で苦手な分野を復習することが最優先

1,2年生の基礎を理解できたら、3年生の学習内容を復習しましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
3年生の1学期では、計算問題が中心になるので、どのように計算するのかを理解できればOKです!

一通り基礎の確認ができたら、標準問題を分野ごとに取り組みましょう

夏休み中に1度過去問を解くことで、どこまで目指せばいいのかがわかるので、時間を作ってチャレンジすることもおすすめです

※学習していない範囲も入試問題には含まれているので、点数は気にしない!

夏休みの過ごし方や計画はこちらの記事も参考にしてください

【中学生】夏休みの計画の立て方|4STEPで成績を上げる夏休みの勉強計画ってどう立てればいいの?そんな疑問を解決します。夏休みを通して、成績を上げるために必要な計画の作り方を紹介します。夏休みを有意義に過ごすためにも、計画作成しましょう!...

2学期の過ごし方

2学期は期間が長いため、前半と後半に分けて紹介しました

  • 前半(10月末まで):『授業+1,2年生の入試レベル問題』
  • 後半(11月以降):『授業+3年生の入試レベル+過去問』

このように取り組むのがおすすめです

3年生2学期の授業は特に受験に頻出の単元なので、授業は最優先!

3年生の4月から夏休みにかけて、1,2年生の基礎をしっかりと復習することができた人は、2学期からは、入試レベルの問題にも取り組んでみましょう

『自由自在』の問題集であれば、標準問題でも十分なレベルなので、標準問題までを目標に取り組んでください

2学期後半は、3年生の学習内容も入試レベルに上げ、冬休みまでに1度受験の過去問を解くことがおすすめです

ヤマグチ
ヤマグチ
この段階で、本番の目標点までどれだけ離れているのかを確認しておきましょう

合格点を取るために、応用問題を解く必要がある人は、冬休み〜受験前にかけて取り組むようにしましょう

冬休み以降の過ごし方

冬休み以降は、過去問を中心に問題演習を繰り返しましょう

様々なレベルの問題をたくさん解くことで、問題の解き方を知ることが大切です

過去問演習は受験までに『5年分×3周以上』が目安

2回、3回取り組んでも理解できない問題は、基礎が理解できていない可能性が高いです

問題に関連する分野を基礎から復習しましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
冬休みを使って、苦手分野の把握と基礎の復習ができれば、3学期は余裕を持って受験勉強に取り組めますよ!

冬休みの計画や取り組みは、こちらの記事の「受験生がやるべきこと」を参考にしてください

【中学生】冬休みを有意義に過ごすための計画の立て方を紹介こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです 今回は、中学生の冬休みの勉強計画についてまとめていきます ...

応用問題に関しては、必要な人だけが取り組めばいいです

入試での目標点を取るために、応用問題を解かなければいけない人は、応用問題対策もしておきましょう

中学1,2年生の復習法まとめ

この記事では、中学3年生の数学勉強法についてまとめましたが、重要なのは1,2年生の復習です

この記事で紹介した、復習方法について再度まとめておきます

1,2年生の復習方法
  • 授業と関連する分野・単元を復習する
  • 基礎問題集を使って、基礎だけ復習する
  • 長期休暇を利用して苦手分野を復習する

これらを別々に取り組んでももちろん効果はあります

ですが、組み合わせることで、より効果が高くなります!

おすすめの復習方法

  1. 授業と関連する単元を『教科書+基礎問題集』を使って復習
  2. 長期休暇で『基礎問題集で間違えた問題+苦手分野』を復習

基礎問題集を軸にすることで、流れのある勉強が可能になります

基礎の内容をしっかり理解することで、入試問題もほとんどを理解することが可能です

『授業+中学1,2年の復習』こそが受験対策になるので、ぜひ実践してください