勉強方法について

『勉強のやる気が出ない』を解決する16の方法【中高生におすすめ】

『勉強のやる気が出ない…』という悩みは、中学生や高校生なら1度は経験したことがあるはず。

周りの人に「勉強しなさい」と言われ、自分でも勉強する必要があることは分かっているけど、『やる気が出ない』

今回はそんな悩みを持つ中学生や高校生に役立つ、16のやる気を出す方法を紹介します。

この記事では

  • 勉強のやる気が出ない
  • すぐに勉強のやる気を出す方法を知りたい
  • やる気がないときにどう過ごせばいいか知りたい

など、中高生が抱えている悩みを解決することができます。

この記事でわかること
  • 目的別に16のやる気を高める方法
  • やる気に頼らずに勉強を継続する方法

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

一瞬でやる気を出す方法4つ紹介

とにかくすぐにやる気を高めたい!そんなあなたに実践してほしい方法を4つ紹介します。

すぐにやる気を高める方法
  1. とりあえず勉強を始める
  2. タイマーをスタートさせる
  3. やる気の出る言葉(名言)を用意する
  4. 軽く運動をする

それぞれ詳しく紹介していきます。

とりあえず勉強を始める

すぐにやる気を高めたい場合は、とりあえず始めてみることが効果的です。

最初は5分でもいいので、勉強してみましょう

5分なら、どれだけ忙しくても、やる気がなくても取り組めるはず。

5分勉強してみて、どうしてもやる気が出ない場合は、勉強をやめても大丈夫です。

ですが、多くの人は、5分継続すれば、自然と10分・30分・1時間と勉強に取り組むことができます。

中途半端に終わるよりも、もう少しだけ頑張ろうと思うことで、継続して勉強に取り組むことができるのです。

ヤマグチ
ヤマグチ
やる気は、勉強を始めるまでが一番手強いので、さっと始めることでやる気を引き出してしまいましょう!

タイマーをスタートさせる

自分から勉強を始めることができない人は、「タイマー」を利用しましょう。

タイマーをスタートさせることで、勉強の合図にすることができます。

限られた時間で取り組むことを意識すれば、自然と勉強に気持ちを向かせることができます。

スマホのタイマーはおすすめしない

スマホを触ることで、勉強から他のこと(SNSやアプリゲームなど)に気が入ってしまうため、本当に勉強をしたいのであれば、スマホではなくキッチンタイマーなどを利用しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
スマホが操作できなくなるタイマーであれば、スマホ制限もできるのでいいと思います!

タイマーを勉強のきっかけにすることができれば、いつでも勉強を始めることができるので、『習慣化』することも簡単になりますよ。

やる気の出る言葉(名言)を用意する

やる気の出る言葉や名言を見ると、不思議と「勉強しよう」と思うことができます。

勉強机の上や、毎日見るところに見えるようにしておくと日々意識することができます。

有名な名言をいくつか紹介します。

今日の成果は過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる – 稲盛和夫

今の自分は、過去の自分の行動の結果。満足できていないなら、これからの努力で未来を変えていけばいい。

難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。 – セネカ

誰もが最初は「できない」と口にする。でも、実際やってみると簡単なこともたくさんある。勉強は、やろうとしなければどんどん難しくなる。今、この瞬間から学び始めよう!

やる気があるときなら、誰でもできる。本当の成功者は、やる気がない時でもやる – フィル・マグロー

君が勉強しなかった1日で、ライバルは大きく成長しているかもしれない。本当の成功者になりたいなら、やる気がない時でもやり続ける忍耐も必要。

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く – 高橋尚子

成績が上がらない時も、思った結果が出ない時も、必死に取り組むことは、必ず結果として返ってきます。

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道 – イチロー

日々の英単語や授業の復習。何気ない小さな学習を積み重ねることで、他の人がたどり着くことができない場所へ行くことができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
最後のイチロー選手の言葉が、私のいちばんのお気に入りです

1本1本のヒットを積み重ねて、大記録を作り出した「イチロー選手」が伝える言葉には、重さが感じられると思います。

自分が気に入った名言を読み返すことで、自然とモチベーションが上がるはずです。

検索することでたくさんの名言に出会えると思います。

ヤマグチ
ヤマグチ
お気に入りの名言を見つけて、やる気UPのきっかけにしましょう!

軽く運動する

軽く運動することで、集中力を高めることができます。

勉強のやる気が出ない時は、一旦軽く運動してから取り組むとスムーズに勉強できます。

おすすめの運動
  • スクワット(5~15回程度)
  • 腕立て伏せ(10回程度)
  • 散歩(15~30分程度)

手軽にできるのはスクワットなので、休憩時間や始める前にさっとやってみましょう。

一瞬でやる気を出す方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらをチェック!

【中学生】一瞬で勉強のやる気を出す方法4選|誰でも簡単やる気UP『勉強のやる気が出ない』という悩みを抱えている中学生必見!すぐにやる気を出す方法を4つ紹介。自分合うやる気UPの方法を見つけることができますよ。どれも簡単なので、ぜひ試してみてください。...

環境でやる気を上げる方法3つ紹介

やる気は、学習する環境によっても大きく左右されます。

環境は、周りの人や音、視覚に入るものなど様々なことを言います。

環境でやる気を高める方法
  1. 勉強場所を変える
  2. 机の上を整理する
  3. 換気する(室温を下げる)

どれも効果が高く、簡単にできるので、試してみてください。

勉強場所を変える

環境を大きく変えて、勉強のやる気を上げる方法です。

おすすめの勉強場所
  • 学校の図書室・自習室
  • 塾の自習室
  • 図書館
  • カフェ

静かな場所が好きな人は、図書室や図書館がおすすめです。

少し雑音がある方が安心する人はカフェなんかがいいですね。

人は、周りに集中して作業している人がいると、集中力が伝染します

なので、集中して学習する友達と一緒に勉強するだけでもやる気が高まります。

また、家の外へ出たくない場合でも、勉強場所を変えることで効果があります。

例えば、

いつも自室で勉強しているなら、リビングで勉強してみる

いつもと違う環境になるので、家の中で移動するだけでもモチベーションは変化します。

家の中で移動するのも面倒という人は、勉強する向きを変えましょう。

いつもと机の向きを変えたり、違う机で勉強することでもモチベーションを保つことができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
いつもと違う刺激を入れることで、やる気を高めることができる!

机の上を整理する

勉強のやる気が出ない原因として、勉強以外のことに気が散っていることが考えられます。

なので、勉強するときは、勉強しかしない環境を作るようにしましょう。

机の上には、今日やる科目の必要な教材しか置かないようにする

できれば、視界に入るところに、アルバムや思い出の品、写真等も置かないでください。

ヤマグチ
ヤマグチ
視界から勉強以外の情報をシャットアウトすることで、勉強に集中して取り組むことができるようになります

机の上に物がたくさんある人は、段ボールを用意して、その中に全て片付けましょう。

一時的でもいいので、机の上のもの全てを見えないところに隠すことで、勉強に集中できることが実感できると思います。

換気する(室温を下げる)

温度も人の集中力やモチベーションを左右します。

温度が高すぎると、ボーッとしたり疲れやすくなるため、こまめに換気をしたり室温を下げるようにしましょう。

冬はエアコンを使用した場合でも温度が高くなりすぎないように注意してください。

ヤマグチ
ヤマグチ
一般的には、室温25度・湿度50%前後が最適とされていますが、個人差があるので自分で一番集中できる温度を見つけましょう

換気をすることで、外気を取り入れることができるので、気分もリフレッシュすることができます。

ボーッとしてきた場合は、換気してみると効果的ですよ!

家族や友達の力を使ってやる気を高める方法3つ紹介

中高生の中には、1人で勉強することが難しいと感じている人も多いと思います。

そんな人は、思い切って家族や友人の力を使いましょう。

1人ではできないことも、仲間やライバルと取り組むことで達成できることもあります。

家族や友達と協力する方法
  1. オンラインで一緒に勉強する
  2. 勉強宣言&報告をする
  3. 罰ゲームを用意する

オンラインで一緒に勉強する

オンライン機能を使うことで、友達や勉強したい人同士で勉強することができます。

方法は大きく分けて2つ。

オンラインで勉強する方法
  • LIVE配信を行うか視聴する
  • ビデオ通話で知り合いだけで行う
ヤマグチ
ヤマグチ
一緒に頑張れる友達がいる場合は、2つ目のビデオ通話がおすすめです

LINE電話を使用すれば、無料でお互いの勉強状況をみることができます。

監視されている感覚と、お互いに頑張っている感覚を感じることで、勉強に取り組みやすくなります。

友達と勉強するときの注意点は、「勉強できない可能性がある」ということ

どちらかが勉強に集中しない場合は、2人(もしくは複数人)で話したり、遊んだりして時間を過ごしてしまう可能性があります。

友達との勉強は集中できない人や、恥ずかしくて友達とは無理!という場合は、LIVE配信を行うかLIVE配信を視聴しましょう。

今では、多くのSNSで簡単にLIVE配信をすることができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
最初は、Youtubeなどで配信を見ながら勉強することがおすすめ!動画でも勉強用の物がたくさんあるので、見てみよう!

慣れてきたら、自分で配信してみると一緒に頑張る仲間を見つけやすくなります。

SNSを開く場合(Youtubeも含む)は勉強以外のことに気を取られないように注意

勉強宣言&報告をする

勉強宣言や報告をすることで、勉強のモチベーションが上がらない時でも「頑張る理由」を作ることができます。

宣言することが報告よりも重要です。

まずは、『今日何をするのか』から勉強宣言してみましょう。

友達などと、互いに宣言し合えるとお互いに頑張ろうと思うことができます。

勉強宣言・勉強報告を友達にするときは、必ず相手にも勉強宣言や報告をしてもらう

相手が親や学校の先生などの場合は、自分ができているか確認してもらえればOKです。

周りに報告する人がいない場合や、恥ずかしい場合は、SNSを利用して報告してみましょう。

Twitterやインスタには『勉強垢』として、日々の勉強記録を報告している人がたくさんいます。

また、StudyPlasなどの勉強管理アプリを使用することもおすすめです。

どれだけ頑張ったのかが目で見て分かるので、勉強を継続するモチベーションを高めることができます。

罰ゲームを用意する

「〇〇までに△△ができなければ、〜をする」といった、罰ゲームを用意することも有効です。

1人では、目標達成ができなかった場合でも「まあいいか」と思ってしまうため、必ず友達や親に罰ゲームの内容まで伝えましょう。

罰ゲームは、他人に迷惑のかからない自己完結できるものにしましょう

また、達成した場合に相手にこうして欲しいということもやめておきましょう。

例えば、

「次のテストで〇〇点超えなかったら、Switchを諦める。もし、超えたらSwitchを買ってもらう」

これは、失敗してももともと持っていないものを諦めるだけなので、罰にはなっていません。

ご褒美としてSwitchが買ってもらえるだけなので、親の理解が必要です。

ヤマグチ
ヤマグチ
親が良し!と言えば、Switchを目標に頑張ることはOKですよ!

あくまで、「自分ができなかった時に何をするのか」を宣言しましょう。

眠くてやる気が出ないときの対処法2つ紹介

勉強中に眠くなることが多いという人は、ここで紹介する2つの方法を試してみましょう。

眠い時にやる気を高める方法
  1. 15分程度の仮眠をとる
  2. 夜型から朝型へ移行する

眠い時に1番やってはいけないことは、

眠くて集中できないのに、勉強し続けること

集中していないのに、勉強を続けても効果がほとんどありません。

ヤマグチ
ヤマグチ
ウトウトし出したら、一旦勉強をやめてリフレッシュすることが大切!

眠いときは15程度の仮眠を取ろう

勉強中に眠くなった場合、15分程度の仮眠をとることがおすすめです。

15分程度の時間にポイントがあって、これよりも長い30分以上寝てしまうと、深い睡眠になります

深い睡眠になると、起きにくくなるので、15分を目処に休みましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
眠れない場合は、目を閉じるだけでも効果がありますよ!

眠くない場合でも、お昼過ぎに仮眠をとることで、その後の活動も集中力が高まることがわかっているので、「午後から集中しにくいな」という人は、仮眠を取り入れてみるといいと思います。

夜型から朝型へ移行する

夜の遅い時間に眠くなる場合は、思い切って朝型ヘ移行することも効果的です。

夜に無理に頑張るよりも、朝に集中する方が勉強に取り組みやすくなります。

朝は周りの環境(友人・テレビ・SNS)なども活発ではないので、勉強に集中しやすい

夜22時以降に眠くなる場合は、早めに寝て、朝早く起きることで今までより長い時間勉強することができる可能性があります。

ヤマグチ
ヤマグチ
一度試してみて、朝起きれないなどの問題があれば、戻せばOKだよ!

やる気に頼らない「習慣化」を目指す方法2つ紹介

ここで紹介するのは、やる気に頼らずに勉強できる方法ですが、最初は、やる気を上げるために効果的な方法です。

継続することで、習慣化を目指していくので、最初の方は「やる気や根性」も必要になります。

やる気に頼らずに勉強できれば、毎日の勉強が苦ではなくなるので、どんな時でも勉強を継続することができる

この状態になったら、どんどん勉強を進めることができるので、自然と成績も上がっていきます。

習慣化を目指す方法
  1. 毎日の勉強するタイミングを決める
  2. やるべきことを明確にしておく
ヤマグチ
ヤマグチ
これらは最初はやる気UPのためにも使えるので、継続して習慣化を目指しましょう!

勉強するタイミングを決める

習慣化するためには、毎日同じように繰り返すことが必要です。

例えば、「イチロー選手がバッターボックスに入ったときの動作」

あれは、毎回同じように行動していますよね。

バッターボックスに入る→同じ動作で集中力を高める

ということを習慣にしているということです。

身近な例では、「スマホを見たときに、同じアプリを最初に見る」

これも立派な習慣です。

スマホをしばらく持っていると、多くの人は、スマホを開いた時に最初に確認するアプリが決まってみます。

知らない間に、

スマホを手に取る→最初に確認するアプリを見る

という習慣ができているということです。

この習慣を勉強にも活かしましょう!

やることは、2つだけ

  1. 勉強を始める前のきっかけの行動を決める
  2. きっかけの行動をしたら、必ず勉強を始める

これができれば、習慣化はほぼ成功です。

きっかけの行動は、毎日必ずやることに設定しましょう。

おすすめのきっかけ行動
  • 朝起きてすぐ
  • 学校に着く
  • 学校から帰宅する
  • お風呂に入る
  • 夕ご飯を食べる

これらのきっかけの行動を軸に勉強に取り組むようにしましょう。

まずは、きっかけの行動を1つ決めるようにしましょう。

決めたきっかけの行動をしたら、『必ず勉強する』ことを徹底してください。

勉強する時間は、1分でもいいです。

ヤマグチ
ヤマグチ
とにかく、『きっかけ→勉強』という流れを作り出すことが重要です

慣れてくれば、10分、30分、1時間と勉強時間は伸びていきます。

1つのきっかけで勉強できるようになったら、2つ目のきっかけを決めましょう。

例えば、1つ目のきっかけが「お風呂に入る」とすると、勉強するのは夜ですよね。

なので、2つ目のきっかけは、「学校に着く」など、朝の時間で決めると継続しやすくなります。

これを継続することで、習慣化に大きく近づきます!

やるべきことを明確にしておく

勉強に取り組むためには、「何をするのか」が明確でないといけません。

いざ、勉強しよう!と思っても、そこから計画していると、やる気がどんどん無くなります。

なので、やるべきことを前もって明確にしておきましょう。

やるべきことを明確にするためには、「計画作成」が重要です。

  1. 1週間分の計画を作成
  2. 前日に翌日の勉強内容を書き出す

これをすることで、今日何をやるのかがわかります。

1週間の計画作成については、こちらの記事に詳しくまとめています。

誰でもできる!1週間の勉強時間管理法【手順解説・テンプレあり】「計画を立てずに勉強している」そんなあなたは、勉強内容を考える前に、勉強時間の管理から始めましょう。勉強時間の管理を通して、成績UPに繋がる計画作成へと進化させましょう。この記事では、計画の基礎をお伝えします。...

計画を立てることができたら、前日に翌日の勉強内容を紙に書き出しておきましょう。

やるべきことが見えるところにあるだけで、「やらなきゃ」と思い、やる気を高めることができます。

勉強が苦手な場合に効果的な方法2つ紹介

中高生の中には、「勉強が苦手だからやる気がでない」という人もいるはずです。

そんな人におすすめな方法を2つ紹介します。

今、勉強が苦手でも大丈夫です。

しっかり取り組み続けることで、将来は、苦手ではなくなる可能性があります。

取り組まなければ、ずっと苦手なまま

いきなり長時間の勉強や、難しい内容の勉強をする必要はありません。

少しずつ取り組んでいきましょう。

勉強が苦手な人におすすめの方法
  1. 好きな科目・得意な科目から取り組む
  2. 小テストを頑張る

好きな科目・得意な科目から取り組む

勉強が苦手な人は、自分が好きな勉強から始めましょう。

その日が好きな勉強だけで終わっても問題ないので、まずは勉強することを大切にしましょう。

苦手な科目から取り組むと「やる気」が下がってしまうので最初はおすすめしません

毎日の勉強に慣れてきたら、勉強方法を変えていくことがおすすめです。

ヤマグチ
ヤマグチ
1日1時間以上勉強できれば「勉強に慣れてきた」と言えます

勉強に慣れたら、「苦手な教科→好きな教科」の順番で勉強してみましょう。

苦手な教科の勉強は5分や10分でもいいので、頑張れる時間取り組みましょう。

これを継続していくと、苦手な勉強も取り組みやすくなります。

どうしても苦手な教科を勉強できない場合は、塾等で強制的に勉強することも視野に入れる必要あり

小テストの勉強を頑張って取り組む

勉強が苦手な場合は、定期テストなどで高得点を目指すのではなく、小テストで高得点を目指すことから始めましょう。

小テストでは、「漢字」「英単語」「計算」など範囲が決まっている問題が出題されます。

まずは、この小テストの勉強をしっかりしましょう。

小さな成功体験を作ることで、勉強に対する苦手意識も少しずつ減っていきます

また、小テストの勉強を繰り返すことで、勉強の効率的な方法も見つけることができます。

ヤマグチ
ヤマグチ
自分にとって、一番覚えやすい方法や、わかりやすい方法を見つけることができれば、定期テストでも大きく点を伸ばすことができますよ!

やる気を高める方法まとめ

勉強のやる気を高める方法を16個紹介しました。

もう一度確認しておきます。

やる気を高める方法16

すぐにやる気を高める方法

  1. とりあえず勉強を始める
  2. タイマーをスタートさせる
  3. やる気の出る言葉(名言)を用意する
  4. 軽く運動する

環境でやる気を高める方法

  1. 勉強場所を変える
  2. 机の上を整理する
  3. 換気する(室温を下げる)

家族や友達と協力する方法

  1. オンラインで一緒に勉強する
  2. 勉強宣言&報告をする
  3. 罰ゲームを用意する

眠いときにやる気を高める方法

  1. 15分程度の仮眠をとる
  2. 夜型から朝型へ移行する

習慣化を目指す方法

  1. 毎日の勉強するタイミングを決める
  2. やるべきことを明確にしておく

勉強が苦手な人におすすめの方法

  1. 好きな科目・得意な科目から取り組む
  2. 小テストを頑張る

全てに取り組む必要はないので、気になるものやできそうなものから試してください。

勉強を効率的に進めるためには、休憩も重要です。

これらを試しながら、勉強ができるようになったら、必ず休憩しながら勉強するようにしてくださいね!

ヤマグチ
ヤマグチ
おすすめは、5~10分何もしないで休憩すること!

何もしないことは、記憶力を高めることができるという研究もあるので、休憩中にスマホを触ったりすることはNG。

勉強に関する質問や相談は、公式LINEで無料受付中です! 勉強方法や計画の立て方などなんでも相談可能です。 ぜひ、友達追加してご相談ください。

友だち追加
ヤマグチ
ヤマグチ
今までに1,000名以上が登録・相談してくれています!あなたもぜひご相談ください!