勉強方法について

【中学生】テスト1週間前のNG勉強法8選|成績が下がる勉強法

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

今回は、『定期テスト前にやってはいけない勉強法』というテーマについて紹介します。

定期テストの勉強方法があっているのか不安。
勉強しているのに点数が上がらないから、勉強方法が悪いのかも…

こんな悩みを持っている人やまだテスト勉強を本格的したことがない人におすすめの記事です。

この記事のポイント

この記事で『テスト前にやってはいけない勉強法』を理解できます。

NG勉強法を知れば、『効率が悪く、勉強しても点数が伸びない…』ということを防ぐことができます。

中学生がやりがちな『3つのNG勉強法』を具体例を出しながら紹介するので、参考にしてください!

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

テスト前のNG勉強法

テスト前のNG勉強法と聞いて、何か思いつく勉強法はありますか?

多くの人は、『1週間前の勉強法』などの何をすればいいかについては調べますが、何をしてはいけないのかについては調べません。

僕が無料で相談を受け付けている公式LINEでもよくある相談が、

  • テスト1週間前は何をすればいいですか?
  • テスト1週間前まで勉強してないのですがどうすればいいですか?
  • テストで高得点を取る方法を教えてください!!

などの『何をすればいいですか?』という質問です。

何をすればいいのかを知ることはとても大切なことですが、それだけでは不十分です。

なぜなら、知らない間に『やってはいけない勉強法』をやってしまっているからです。

そのため、

  • 頑張って勉強したのに成績が上がらない。
  • ネットで調べたことをしたけど効果がなかった。
  • 勉強方法を変えたらいつもより点数が下がった…

なんてことが起こってしまいます。

ヤマグチ
ヤマグチ
この記事で紹介するのは、「勉強したけど効果がなかった…」と思うことがないように、これだけはやったらだめだよ!という勉強法についてです。

『何を勉強すればいいのか知りたい!』という方はこちらをご覧ください。

【中学生】テスト1週間前の勉強法|定期テストの点数は簡単にUPする「定期テスト1週間前になるまで何も勉強していない」「テスト前はいつも提出物に追われて勉強できない」そんな中学生向けに定期テスト前の勉強法を紹介します。中学校のテストは、勉強すればするほど点数は伸びます!頑張りましょう。...
テスト前のNG勉強法
  • 時間のかかる勉強方法
  • 覚えた気になる勉強方法
  • 複数の教材を使っての勉強

この3つの勉強方法についてそれぞれ詳しく解説していきます!

時間のかかる勉強方法

テスト前の勉強で一番意識しなければならないのは勉強時間です。

テスト直前なので、勉強時間は限られていますよね。

なので、やってはいけない勉強法の1つ目は『時間のかかる勉強方法』です。

時間のかかる勉強方法
  1. まとめノートを作る
  2. 単語帳や暗記帳を作る
  3. ずっと先生や友達に勉強を教えてもらう
  4. わからない問題を考え続ける

これらの勉強方法は一見『いい勉強方法』に見えるかもしれません。

まとめることや、オリジナルの問題集を作ることはお勧めしている人もたくさんいますよね。

ですが、テスト前の勉強としては全てNGです。

NG1:まとめノートを作る

テスト前にまとめノートを作るという人は少なくないと思います。

テスト勉強してる感をとても感じられることが原因だと思いますがテスト勉強という面ではノート作りはおすすめしません。

まとめノートのデメリット
  • 時間がかかり、作成するのが大変
  • 教科書やワークに載っていることしかまとめられない
  • 作るだけで満足してしまう

まず、テスト前なのに時間がかかってしまう点でまとめノートを作ることはNGです。

ですが、それだけではありません。

まとめノートにまとめることは、教科書やワークに書いてあることがほとんどです。

まとめノートを作るなら、最初からまとめられている教科書やワークを見たり、教科別や学年別に重要ポイントがまとめられている参考書を買った方が効率的!

また、まとめノートはまとめることが目的になりがちなので、作ったことで満足する人が大半です。

大切なのは、それを使って勉強することですが、多くの人がそこまでできません。

ヤマグチ
ヤマグチ
今までまとめノートを作っていた人は、その時間をワークを解く時間に使うだけで成績はグッと伸びるはずです。
改善ポイント
  1. まとめノートを作るのではなく、購入する
  2. まとめノートを作る時間をワークをするの時間に使う

NG2:単語帳や暗記帳を作る

単語帳や暗記帳などの作成もまとめノートと同じようにNG勉強法です。

自分がどうしても覚えることができない単語や用語だけを単語帳にすることはいいと思いますが、テスト範囲の全ての単語帳を作ることはやめましょう。

時間がかかりすぎるだけでなく、ほとんどの人が覚え切ることなくテストを迎えてしまいます。

それどころか、一回作ったきり一度も使わないということもあり得ます。

ヤマグチ
ヤマグチ
僕自身が中学生の時は、自分で単語帳を一生懸命作ったのに、一度もやっていませんでした…。

単語帳も作ることが目的になりやすいので要注意です。

単語帳や重要語句の暗記帳も市販のもので十分活用できるので、必要な人は購入しましょう!

改善ポイント
  1. 単語帳や暗記問題集を購入する
  2. 何度やっても覚えられないものだけまとめる

NG3:ずっと友達や先生に勉強を教えてもらう

友達や先生に質問したり相談することはとてもいいことです。

ですが、1人ではどうしても理解できない1問などできるだけ少ない問題だけ聞きましょう。

ついつい長く話してしまったりすることで、自分の勉強時間だけでなく相手の勉強時間も奪ってしまうので注意が必要です。

友達や先生に教えてもらう場合は、『この問題だけ質問する』と決めて相談するようにしましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
友達と一緒に勉強する場合は、互いに邪魔にならないように配慮しながら勉強してくださいね!
改善ポイント
  1. どうしてもわからない数問だけを質問する
  2. 時間を決めて相談する

NG4:わからない問題を考え続ける

一番ありがちな勉強法が『わかるまで考え続ける』です。

数学などはよく、『10分以上は考えましょう!』などと伝えられますが、テスト前は1問に10分もかけている余裕はありません。

わからない問題は、答えをすぐに見て、『どのように解くのか』『どういった意味なのか』を理解するようにしましょう。

その方が効率的に勉強を進めることができます。

大切なのは、テストで点を取ること

テストで点数を取ることができればそれでOKです。

テスト勉強の時は、とにかくたくさんの量を勉強できるように意識しましょう。

ただ答えを見るだけの勉強はさらにNG

答えをすぐに見ることはいいですが、答えを見るだけでは意味がありません。

『解き方』『考え方』を理解するために解説を読み、必要があれば教科書で内容を確認しましょう。

改善ポイント
  1. わからない問題は潔く答えで解き方を確認する
  2. 考え続けていた時間で、2回3回と繰り返し勉強する

覚えた気になる勉強

テスト勉強をする目的は、テストで点を取ることですよね。

ですが、多くの中学生は『覚えた気になる勉強』をしています。

覚えた気になる勉強は、『勉強をして覚えたはずなのに、テストで点が取れない』という勉強のモチベーションを下げる原因にもなる勉強法です。

今までこの勉強法で勉強していた人は、改善することで成績が急上昇する可能性がありますよ!

覚えた気になる勉強法
  1. ただ教科書を見るだけの勉強
  2. ワークなどの答えを写すだけの勉強
  3. 教科書やノートを1回だけ確認する勉強

これらの勉強方法のNGな点は『勉強している気になるけど効果が少ないこと』です。

それぞれ詳しく解説していきます。

NG5:ただ教科書を見るだけの勉強

『教科書を読むこと』は定期テスト勉強においてとても重要です。

なぜなら、教科書に学習内容の全てが詰まっているからです。

暗記科目である、『社会」や『理科』は教科書の内容を全て覚えることで間違いなく高得点を取ることができます。

ですが、『ただ教科書を見るだけ』ではほとんど効果はありません。

重要語句の意味を確認したり、公式の証明を理解する必要があるので、『教科書を読んで理解を深める』ことを目指しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
最低でも3回以上読むことで、どんな内容が書かれているのかを理解できるようになりますよ!
改善ポイント
  1. 重要語句(太字)は必ず意味を教科書内から探す
  2. 数回繰り返し読み、どこに何が書いてあるかまで覚える

NG6:ワークなどの答えを写すだけの勉強

テスト前の勉強では、ワークの答えはどんどん見てOKです。

ですが、答えを写すために見ることはNGです。

答えを見る目的は、『短時間で多くの問題を解き、繰り返すことで理解するため』です。

重要なのは、繰り返して理解することです。

答えを写すだけでは、何回繰り返しても理解することはできません。

逆に時間の無駄になってしまう勉強法なので、答えを確認するときは、『なぜその答えになるのかを考える』ことが必要です。

答えだけを確認して、解説や解き方を確認しないこともNGです!
改善ポイント
  1. 解説を読み、問題の解き方を理解する
  2. 答えを見た後に、すぐ解き直す

NG7:教科書やノートを1回だけ確認する勉強

テスト前には、教科書やノートを確認する人も多いと思いますが、確認する回数が少なすぎます。

1回の勉強で覚えることができる人はほとんどいません。

1回教科書やノートを勉強したからといって、『覚えているはず!』とは思わずに、何度も繰り返し勉強して、自然と答えが思い浮かぶまでやりこみましょう。

改善ポイント
  1. 重要なポイントだけに絞って複数回繰り返す
  2. 少ない回数でも理解できるように、授業に集中する

覚えた気になる勉強はどれも、勉強時間や回数が短いことが特徴です。

テストで点数を取るためには、一定の勉強量・勉強時間は必須です。

今までの定期テスト勉強では、勉強時間が少なかったなと感じる人は、計画的に勉強に取り組むことが大切です。

テスト前の計画の立て方について知りたい!という方はこちらを参考にしてください。

勉強内容の決め方|具体的な計画を使って手順を解説【中学生】「計画作成時の勉強内容の決め方がわからない」という中学生必見。具体的な計画を使って、勉強内容の決め方と計画の立て方を解説しました。どのように計画を立てればいいかわからない人は、ぜひご覧ください。...

複数の教材を使っての勉強

定期テストの勉強をするときに、いくつものいろんな教材を使って勉強する人も多いと思います。

ですが、その教材全てを理解することができていますか?

もし、全てを理解できていないのであれば、勉強の仕方を変える必要がありそうです。

NG8:いろんな教材を一気に勉強する

テスト前に意識することは、『勉強時間』と『内容理解』の2つです。

色々な教材(例えばワーク+市販の問題集+学校のプリント)を使って勉強しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

それだけでなく、複数の教材を使うと、1つの教材に使える時間も減少します。

だから、内容理解も中途半端になりやすい勉強方法です。

複数の教材をするときは、1つずつやり切ることが重要

複数の教材を全てやり切ることができれば、点数UPも期待できます。

そのためには、1つずつ取り組むようにしましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
3つの教材を1回ずつやるのであれば、1つの教材を3回取り組む方が点数は確実に上がります。
改善ポイント
  1. 教材は1つずつ取り組む
  2. 優先順位をつけて取り組む

テスト1週間前のNG勉強法 まとめ

今回は、テスト前にやってはいけない勉強法を紹介しました。

全部で8つのNG勉強法を紹介したので、今後はこの勉強法では勉強しないように注意しましょう!

今までやってしまっていた人は、どのように改善すればいいかも解説しているので、改善して勉強しましょう。

最後にやってないけない勉強8つをまとめておくので何がダメなのか再確認しましょう。

テスト1週間前のNG勉強法
時間のかかるNG勉強法
  1. まとめノートを作る
  2. 単語帳や暗記帳を作る
  3. ずっと先生や友達に勉強を教えてもらう
  4. わからない問題を考え続ける
覚えた気になるNG勉強法
  1. ただ教科書を見るだけの勉強
  2. ワークなどの答えを写すだけの勉強
  3. 教科書やノートを1回だけ確認する勉強
全てが中途半端になるNG勉強法
  1. いろんな教材を一気に勉強する

 

勉強内容や、計画についてのご相談は、公式LINEで受け付けています。
いつでもお気軽にご連絡ください。

友だち追加