滋賀県の高校入試

【受験対策】滋賀県立大津高校の合格ラインと受験勉強方法をプロ家庭教師が解説

  • このままの点数で大津高校に合格できるか不安…
  • 大津高校に合格するためには何点必要なの?
  • 大津高校に合格するための勉強方法を教えて!

滋賀県で毎年人気の高い「大津高校」を目指している人は「このまま勉強して合格できるかな?」と不安ではないですか?

この記事では、大津高校に合格するための受験勉強方法について詳しく解説します。

この記事の通りに受験勉強を実践すれば、塾に通っていない人でも大津高校の合格圏内まで成績を上げられる可能性が高まります!

この記事の内容
  1. 大津高校の合格最低点:普通科290点以上・家庭科260点以上
  2. 大津高校に必要な内申点:普通科100点以上・家庭科85点以上
  3. 大津高校に合格するための受験勉強方法:5STEP解説
筆者「ヤマグチ」について
  • 滋賀県のプロ家庭教師として中高生を指導
  • 公式LINEで1000人以上の中高生・保護者との相談実績
  • 滋賀県の高校受験相談開始(相談はこちら

大津高校の合格最低点・内申点|ボーダーライン

大津高校の合格予想点数はこちらです。

普通科 290~310点
家庭科 260~280点

※合格予想点は、個人の調査によるものです。実際の合格最低点とは異なりますのでご了承ください。

合格最低点は年度によって大きく異なります。

  • 入試問題の難易度:難しいほど合格点は低くなる
  • 受験生の学力:高い場合は合格点は高くなる
合格予想点を超えていると絶対に合格する
合格予想点以下だと確実に落ちる

というわけではないので、注意してください。

合格最低点は受験勉強の目標設定のために必要な数字なので参考にしてください。

大津高校の受験を考えている人は以下の点数を目標にするのがおすすめです。

  • 実力テスト:360点以上
  • 過去問:330点以上

この点数が最低ラインになります。できるだけ高得点で目標設定をしましょう!

ヤマグチ
ヤマグチ
本番は、緊張や焦りで本来の力が出せない場合が多いです。
元々余裕のある目標設定をしておきましょう!

大津高校を受験する中学生が取っておきたい内申点はこちら。

  • 普通科:100~110点/135点
  • 家庭科:85~100点/135点

普通科の場合、各学年で35点が目安です。ほぼオール4(36点)の成績です。

「オール4+5が複数ある」場合は受験をかなり有利に進めることができます。

滋賀県の受験では3年間の内申点が合否に大きく影響します。

『3年生だけ頑張る!』という作戦では受験失敗の可能性が高くなるので注意しましょう。

内申点の上げ方はこちらの記事に詳しくまとめています。

≫ 内申点の上げ方3選をプロ家庭教師が解説

大津高校に合格するための受験勉強方法

受験勉強方法の解説の前に、受験勉強の流れを確認しましょう。

  1. 受験勉強の目標設定:テストの点数・内申点など
  2. 基礎問題の理解・復習【最重要】
  3. 実力テストで苦手分野の把握
  4. 標準問題(入試基礎)演習
  5. 過去問演習

上の順番で勉強を進めることが理想的です。

受験生になっていきなり受験勉強を始めるということは良くありません。

基礎から1つずつ学習することを心がけてください。

ここからは、上の順番通りに取り組み方を解説します。この通りに進めることで、大津高校の合格圏内に入る可能性が高まるので、参考にしてください。

①受験勉強の目標設定

受験勉強を始める前に決めるべき目標は「実力テスト・過去問・内申点」の3つです。最低限の目標点はこちら。

  • 実力テストの点数:360点
  • 過去問の点数:330点
  • 内申点:100点

これ以上の目標点数を設定しましょう。

テストの目標点数を決めるときには1つ注意点があります。

どの教科で何点取るのかを考える

各教科でどれだけの点数を目指すのかを明確にしてください。

国語 70点
数学 60点
英語 80点
理科 70点
社会 80点

このような目標点数にすると合計360点です。

  • 苦手な科目は目標点を少し低めにする
  • 得意な科目は目標点を少し高めにする

それぞれの得意不得意に合わせて目標点数を決めましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
教科ごとの点数を明確にすることで、何を勉強すべきなのかが見えてきます!

この目標設定はある程度教科の得意不得意や好き嫌いが影響します。

なので、2年生の冬休み以降に設定すればOKです。

1,2年生がやるべき勉強はこちら

  • 定期テストの勉強
  • 定期テストで高得点を取る
  • 1,2年生の学習内容の復習

1,2年生の間はとにかく授業理解と定期テスト対策を優先しましょう。

授業に積極的に参加し、定期テストで高得点を取れれば、内申点の心配は不要になります。

②基礎問題の理解・復習【最重要】

受験勉強の中で一番重要なのが基礎学習です。

各教科の基礎的な内容をしっかり理解していることが合格に必要な力です。

時期の目安:中学2年生の冬〜受験前まで

基礎問題を確実に正解することができれば、各教科50点以上は取ることができます。それくらい基礎問題は重要です。

各教科で勉強すべき基礎問題はこちら。

国語 漢字・文法・古文単語・俳句の基本等暗記分野
数学 各分野の基本的な公式・計算問題
英語 英単語・熟語・基本の文法(例文)
理科 基本用語・実験方法・実験結果
社会 基本用語・歴史の流れ・地域別の特徴

基礎問題に取り組むためには、学校のワークのレベルで十分です。英単語は別に単語帳を用意することをおすすめします。

中学生におすすめの単語帳はこちら。

この単語帳を一冊やり切れば、高校受験の問題に十分対応可能です。

受験対策用の問題集(新研究・整理と研究など)を持っている場合は、発展問題(B問題)以外に取り組みましょう。

次に進む基準:問題を見たときに、解き方がわかる状態になっている

③実力テストで苦手分野の把握

基礎の理解ができているかどうかは毎月実施される実力テストで把握します。

実力テストは、ただ受けるだけでなく受けた後がとても重要です。

実テの復習方法
  • 間違えた問題の解説をしっかり読み込む
  • なぜ間違えたのかを考える
  • どうすれば正解できるのかを考える
  • 今後必要な勉強を考える

実力テストの度に、なぜ間違えたのかを分析して次に活かすことが合格への近道です。

特に、苦手分野に関してはより詳しく考える必要があります。

  • 基礎的な内容を理解できているか?
  • よく間違える問題のパターンは何か?
  • 前回の反省を活かせているか?

自分が弱い部分に関しては、どうやって克服するのかまで考えていきましょう。

弱点がわからない・弱点は分かったけどどうすればいいかわからない』こんな人はぜひLINEでご相談ください。友達追加はこちら

ヤマグチ
ヤマグチ
すでに高得点の科目を伸ばすより、点数が低い科目を伸ばす方が簡単なので、しっかり分析しよう!

④標準問題(入試基礎)演習

実力テストを複数回経験したら標準問題に挑戦しましょう。

時期の目安:3年生の夏休み〜受験前

標準問題は入試の難易度では基礎的な問題が多いです。標準問題をしっかり解き切れることが合格の基準になるので、ここまではやり切りましょう。

各教科で勉強すべき標準問題はこちら。

国語 問題集の読解問題(現文・古文)/問題集のB問題
数学 教科書の章末問題/問題集のB問題
英語 文法:問題集のB問題/長文読解:実テの復習
理科 問題集のB問題/実テの復習
社会 問題集のB問題/実テの復習

問題集のB問題レベルが標準問題演習におすすめです。

英語の長文読解は別途対策が必要です。実テの復習や教科書の本文訳で英語を正しく読む練習をしましょう。

標準問題に取り組む際におすすめの教材はこちら。

  • 学校指定の受験用対策問題集(新研究・整理と研究など)
  • 塾専用の問題集(新演習など)
  • 自由自在(市販)
  • スタディサプリ中学講座

学校指定の受験用対策問題集を利用している場合は、発展問題(B問題)まで全て取り組むようにしましょう。さらに、入試対策用のまとめ問題にも取り組みましょう。

塾専用問題集を利用している場合は、発展的な問題が必要ない場合があります。塾の先生と相談してどの問題に取り組むか決めるようにしましょう。

学校指定の問題集や塾用の問題集がない場合は「自由自在」という問題集がおすすめです。自由自在は発展問題のレベルが高いため、実力問題まで取り組めば十分です。

自由自在の購入はこちら。

created by Rinker
¥1,705
(2021/10/27 20:30:49時点 楽天市場調べ-詳細)

※5教科あります。ご注意ください。

標準問題演習ではスタディサプリの利用もおすすめです。一人で問題集を解くのは不安という人は、講義形式で学習できるので受験勉強をスムーズに進めることができます。

スタディサプリについて詳しく知りたい方はこちら ≫ スタサプHP 中学講座

標準問題の演習も、問題を見たときになぜその答えになるのかを理解できる状態を目指します。

解説を読んでもわからない問題は基礎が理解できていない場合が多いです。必ず基礎問題や教科書を確認して理解しましょう。

⑤過去問演習

標準問題演習までこなすことができたらいよいよ過去問演習です。

時期の目安:3年生の12月〜受験前

高校受験の入試問題は3年生の学習内容も幅広く出題されるため、12月以降に取り組むことがおすすめです。それまでには赤本を用意しておきましょう。

過去問を解く目的は次の3つです。

  1. 過去問で入試傾向をつかむ
  2. 問題を解く時間配分を考える
  3. 解かなくていい問題を知る

この3つを意識せずに過去問演習をしても得ることがほとんどありません。この3つは常に意識してください。

また、過去問を解いた後は目標点の修正も行いましょう。最初の目標点は理想の点数なので、実際に解いた経験をもとに点数修正をします。

過去問演習の目安:《5年分×3周以上》

最低でもこの回数は繰り返すようにしましょう。

各教科の各問題でどのように答えればいいのかを理解していきます。それと同時に問題傾向をつかむことができるので、勉強すべきことが見えてきます。

目標点を取るためには全ての問題を解く必要は全くありません。どの教科にも解かなくていい問題が存在するので、それが何かを見極めることも忘れずに練習しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
どの問題を捨てていいのかは練習しないとわかりません!

過去問を何度も繰り返すと、どの問題も解けるように思うかもしれません。

自分が受験でしっかりと点数を取れるかどうかは学校の実力テストや模試で見極めるようにしましょう。

番外:応用問題演習は必要ない

①〜⑤までしっかり取り組むと応用問題を解く必要がないことに気づくはずです。

大津高校の合格最低点は350点以下なので、全教科で応用問題を落としても十分合格することが可能です。ですが、応用問題をやるべき人もいます。

応用問題をやるべき人は次のどれかに当てはまる人です。

応用問題をやるべき人
  • 苦手な教科が複数あり、目標点を超えられない人
  • 1つの科目が壊滅的な人(20〜30点)
  • ずば抜けて得意な科目がある人

これに当てはまらない人は、応用問題は必要ありません。

基礎〜標準問題を徹底的に復習しましょう。

ずば抜けて得意な科目がある人は、その科目を伸ばすことも一つの方法です。

1教科でも90点を取ることができると、他の教科が60点程でも目標点に届くので、受験勉強が一気に楽になります。

本番で得意な教科を失敗すると合格が難しくなるので、絶対的な自信がある場合のみの作戦にしましょう

苦手な教科が複数ある場合は、まず苦手な教科の基礎をしっかり復習し直しましょう。

それでも点数が伸びない場合は、他の教科で応用問題を解くことで点数を稼ぎましょう。

これに関しても、応用問題を学習するのは最終手段です。

ヤマグチ
ヤマグチ
優先順位は「基本問題→標準問題→応用問題」です!

外部模試を活用して自分のレベルを確認

模試は自分の学力や滋賀県内での順位を知るために必須です。塾に通っている人のほとんどは模試を受けています。

一般の生徒(塾へ通っていない人)が受けることができる模試もあるので、必ず受けるようにしましょう。

模試は学校の実力テストと同じように、今まで学習した範囲から入試に近い形で出題されます。

模試でわかること
  • 大津高校の合格可能性
  • 滋賀県内の中学生の中での順位
  • 苦手分野・今後の対策について

実力テストでは同じ中学校の生徒としか学力を比較できませんが、模試では滋賀県中の生徒と比較することが可能です。

入試でライバルになるのは同じ中学校の生徒より他校の中学生の方が圧倒的に多いです。その生徒と比較できることは志望校選びの参考にもなります。

滋賀県でおすすめの模試はV模試です。V模試についてはこちら(HPへ移動します)

また、近くの塾でも模試だけ受けることができる場合があります。お友達等に聞いてみて、可能な場合は検討してください。

ヤマグチ
ヤマグチ
模試を受けて損することはないので、3年生になったら1度は受けてみることをおすすめします!

大津高校受験について まとめ

今回は滋賀県立大津高校の合格最低点・内申点・受験勉強方法について解説しました。

大津高校は毎年人気のある高校なので倍率が高くなる傾向があります。それにより合格できるか不安に思ってるかもしれません。

ですが、計画的に受験勉強に取り組み、周りより高い点数を取ることができれば受験に合格することができます。

今回の記事で解説した順番で受験勉強に取り組んでもらえれば確実に合格可能性はUPします。

いきなり全てに取り組むことは難しいので、1つずつこなすようにしてください。

お知らせ

滋賀県の中学生・保護者の方を対象に公式LINEで無料相談を実施中です。

  • 『受験勉強にどう取り組めばいいかわからない』
  • 『どの問題集で勉強を進めればいいかわからない』
  • 『このままの勉強方法で受験は大丈夫なのか心配』
  • 『滋賀県の模試や受験情報が知りたい』
  • 『気軽に受験勉強の相談に乗って欲しい』

などなど悩んでいることをなんでも相談可能です。現在も滋賀県中心に家庭教師として活動しているヤマグチが責任を持って対応させていただきます!

友だち追加