勉強計画について

計画通りに勉強できない原因3選|計画失敗時の対応と修正法紹介

こんにちは、中高生や、その保護者の方に役立つ勉強情報を発信しているヤマグチです

今回は、計画についてです

この記事では、

  • 何度計画作成してもうまく取る組むことができない
  • 計画通りにできない理由がわからない
  • 計画通りにできなかった時の修正方法がわからない

という中高生によくある悩みについて解説します

ヤマグチ
ヤマグチ
学校で計画作成について「作り方」を教えてくれる先生はほとんどいないので、この悩みを抱えている人は本当にたくさんいますよ
この記事でわかること
  1. 計画がうまくいかない理由
  2. 計画通りにできない時の対応法
  3. 計画修正の方法

それぞれ詳しく解説していきます!

この記事は、公式LINEを通して、1000人以上の中高生・保護者の相談を受けてきた山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEを友達追加してご相談ください。(もちろん無料です)

 計画通りに勉強できない理由3選

計画通りに勉強できないことには、必ず理由があります

計画修正の方法をいくら知っていても、原因が解決できなければほとんど意味がありません

『自分がなぜ計画通りにできないのか』について真剣に考えてみましょう

計画通りにできない理由
  1. 勉強時間が足りていない
  2. 達成不可能な計画を作成している
  3. 1度予定が狂うと修正できない

ほとんどの中高生は、これらのどれか、もしくは複数が原因で勉強を計画通りに進めることができていません

目標達成のための勉強時間が足りていない

『そもそも勉強時間が足りていない』という人は本当に多いです

計画は「目標達成」のために作成するので、計画時は理想の自分を描いて作成していきますよね

ですが、実際には、「スマホ」や「友達」「テレビ」など勉強以外のことに時間を取られてしまうことも少なくありません

思っていたよりも勉強時間が少なくなることは日常的に起こる

計画自体は、達成可能なものでも、予定通りの勉強時間を確保できていなければ、計画通りにできるはずがないですよね

ヤマグチ
ヤマグチ
勉強時間の確保ができているかは再確認しておきましょう!

達成不可能な計画を作成している

これも中高生にはとても多い原因です

達成可能かどうかを見極めるには、2つのポイントを確認しましょう

  1. その日に勉強できる時間はどれだけあるか
  2. 計画を終えるのに必要な時間はどれだけか

この2つを考えて、①の方が②よりも少ない場合は、達成不可能は計画です

②は、予想の時間です

勉強時にタイマーで勉強時間を計測しておくことで、予想の精度が高まるのでおすすめです

自分では計画通りにできている!と思い込んでいる場合も多いので、

計画を作成したら、友達や先生に「これできそうかな?」と相談することも有効です

「お前には無理だよ!!」などと言ってくる人には絶対に相談しないようにしましょう
ヤマグチ
ヤマグチ
相談するときは、「この勉強はこれくらいの時間で…」など、計画作成の考えを伝えると、具体的なアドバイスがもらいやすいですよ

1度予定が狂うと修正できない

中学生や高校生は、「学校+部活動」の時間で1日の大半を使うことになります

そのため、1日に使える勉強時間はもともとかなり少ない時間です

ですが、普段生活していると、

  • 家族でご飯を食べに行く
  • 友達と遊びに行く
  • 友達との電話が長引く
  • SNSが楽しくてつい遊んでしまう

などなど、予定していなかったことがどんどん起こります

これが原因で、「計画通りにできなかった」ということにつながります

また、1度計画が崩れると、

《どうでもいい効果》という現象が起こります

どうでもいい効果は、1つのことが上手くいかなかったときに、他のことのやる気にまで悪影響を与える現象です

これが起こると、「1度計画が崩れる」だけで、「1週間の計画」や「計画作成自体」のやる気がなくなってしまいます

ヤマグチ
ヤマグチ
勉強以外にもいろいろなところで起こるので、実感する人もいると思います

この「どうでもいい効果」を防ぐには、少しでもいいので計画を進めることが大切です

また、ここから紹介する計画通りにできたい時の対応と修正方法をもとに、失敗しにくい計画を作成することも重要です

計画通りにできない時の対応5選

計画通りにできなかった時の対応を知っていれば、計画通りにできない時も心配無用です

ヤマグチ
ヤマグチ
ほとんどの人は、何度も失敗しながら計画作成がうまくなっていくので、成長するための道だと思って取り組みましょう!
計画通りできない時の対応
  1. 計画作成の準備ができていたか確認する
  2. 計画の内容に無理はなかったか確認する
  3. 朝の時間・学校の時間を活用して勉強時間を増やす
  4. 他の人と協力して取り組む
  5. 自分で勉強を管理する

①②は「計画通りに勉強できない理由」を確認するためのものです

この二つを確認すればほぼ100%失敗した原因が分かります

計画の準備は、こちらの記事に詳しくまとめています

【超重要】計画作成のための準備10選 失敗しない計画を立てようこんにちは、中学生や高校生、保護者の方に役立つ情報を発信しているヤマグチです この記事では、 という人が、今よりも計...

計画の準備は10の確認事項があります

  1. 計画作成の先の目標を決める
  2. 失敗しない計画の立て方を学ぶ
  3. 計画が崩れた時の対応を学ぶ
  4. 勉強可能な時間数を確認する
  5. 1日(1週間)のスケジュールを確認する
  6. 勉強すべき内容を確認する
  7. 勉強の優先順位を決める
  8. 勉強内容に期限を決める
  9. 勉強ごとに必要な時間を予想する
  10. いつ勉強するか決める

これらについて考えることができていたか確認してください

朝の時間・学校の時間を活用する

計画通りにできない原因が、「勉強時間」にあるなら、朝の時間や学校の休憩時間を利用することがおすすめです

夜の時間は、テレビや友達・家族との関わりで時間を確保しにくい傾向があります

朝の時間で集中して勉強できる時間を確保することで、勉強時間が足りないことを改善することができます

ヤマグチ
ヤマグチ
朝30分早く起きることで、夜に勉強するよりも集中して勉強できることがありますよ

学校の休憩時間で勉強することも時間確保のために有効です

毎時間勉強する必要はないので、2回に1回は勉強するなど決めて取り組みましょう

学校の休憩時間は、10分程度の短時間です

短時間でできる勉強をあらかじめ考えておくことで、効率的に勉強できます

  • 英単語の学習をする
  • 授業の予習をする
  • 暗記科目の一問一答を解く

など、暗記中心に勉強することがおすすめです

他の人と協力して取り組む

計画通りにできない原因が、「勉強に取り組めていない」という場合は、他の人の力を使うことがおすすめです

友達やオンライン上で勉強する仲間を見つけて一緒に取り組むことで「1人」では継続できないことも継続することができます

他の人の力を使う方法
  1. ビデオ通話
  2. SNSのライブ配信
  3. 同じ環境で勉強する

今は、多くの人がスマホを持っているので、家にいながら友達と繋がることができます

おすすめは、ビデオ通話で友達と繋がりながら勉強する方法です

ビデオ通話をすることで、スマホを自由に使えなくなるだけでなく、互いに勉強している姿を見ることができるので、やる気UPにも繋がります

友達と話したりすることで盛り上がってしまうことは注意!

友達との勉強は集中できない場合は、SNSのライブ配信を利用することがおすすめです

「インスタライブ」「YouTubeライブ」等を利用することで、誰かに見られているという視線を感じることができます

自分で配信するのではなく、視聴することでも効果はあります

家で1人では勉強できないという人は、実際に同じ環境で友達と勉強しましょう

「学校の自習室」「学校の図書室」「カフェ」などで勉強が可能です

ヤマグチ
ヤマグチ
周りに集中している人がいる環境で勉強をすると、自分の集中力が高まることが科学的に分かっているので、図書館などはおすすめです
他の人との勉強で注意すること
  1. 勉強内容は必ず宣言する
  2. 活動の振り返りを必ず行う
  3. 互いに勉強を管理する

この3つを守ることで、「一緒に勉強する」だけでなく、「互いに影響する」ことができます

特に、勉強内容は必ず宣言しましょう

宣言することで、モチベーションを高めて集中して取り組むことに繋がります

自分で勉強を管理する

1人で勉強することが得意な人は、自分で自分の勉強を管理するようにしましょう

  • 今日は何をやったのか
  • 明日は何をするのか
  • 勉強時間はどれくらいか

など、自分で取り組んだ勉強内容について管理することで、計画通りにできないときに、「なぜうまくできないのか」を見つけることが簡単になります

原因を見つけることができれば、改善するだけなので、将来的に成長スピードも速くなります

自分で勉強を管理することは、他の人と勉強していてもできるので、是非試してみてください

簡単に試す方法:勉強するときに、タイマーで時間を計り勉強時間を積み上げる

勉強時間を計ることで努力が目に見えるので、継続力も高めることができます

勉強時間が長ければいい!というわけではないので、注意してください

 

計画の修正の仕方

計画は、どんな人でも修正が必要です

急な予定が入ったり、体調不良などで取り組むことができないことが多々あるからです

また、計画の修正を繰り返すことで、目標達成に近づくことができるので、うまく進んでいる場合でも、より良いものを目指して見直すこともあります

【最重要】計画の準備を再度徹底して行う

計画の修正の際に必要なのは、やはり準備です

【超重要】計画作成のための準備10選 失敗しない計画を立てようこんにちは、中学生や高校生、保護者の方に役立つ情報を発信しているヤマグチです この記事では、 という人が、今よりも計...

こちらの記事に書いてある内容はしっかりと確認しましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
計画通りにできないときの対応にも、準備の確認は重要だと伝えましたが、計画修正するときにも準備内容を使います

計画の修正をする際は、準備したものから変えていく必要があります

なぜなら、しばらく勉強したことで分かったことがたくさん出てくるからです

例えば、

  • 勉強可能な時間数:季節によって部活の関係で変わることがある
  • 勉強すべき内容:テスト前や受験勉強期とそれ以外では異なる
  • 勉強ごとの時間:慣れることで速くなる可能性大

など、勉強する時期や、勉強を続けた結果変わることがあります

これらをもう一度整理してから計画作成をするようにしましょう

より余裕ある計画を作成する

計画作成を修正するときは、前回よりも余裕のある計画にすることを意識しましょう

計画において「余裕」は1番大切なポイントです

余裕がないことで、「無理な計画作成」や「どうでもいい効果」が起こってしまうので、余裕を作ることでほとんどの計画の悩みを解決できます

ヤマグチ
ヤマグチ
余裕を作りすぎて期限を守れない計画は絶対にNGです!

期限と、勉強内容のバランスを考えながら余裕を作ることは難しいですが、何度も取り組むことで、自分が可能な勉強時間や勉強ごとにかかる時間が正確にわかるようになります

そうすることで、より自分にあった計画を作成することができるようになっていきます

計画通りにできない時の対応・修正法 まとめ

今回は、計画通りに勉強ができなかった時の対応と、計画修正法を紹介しました

計画作成は適当にできるものではありません

計画を作成するまでの準備、計画を作成してからの修正、勉強内容のアップデートなど、継続的に向き合う必要があります

計画の作成は地味ですが、目標達成のためには欠かせません

いつも失敗してしまう人は、まず、何が原因で失敗しているのかを見つけるようにしましょう

原因を見つけることが、より良い計画作成の第一歩になります

公式LINEでは、勉強に関する悩み相談を行っています

お気軽にお問い合わせください

友だち追加