勉強計画について

誰でもできる!春休みの計画の立て方完全版【中学1,2年生】

新学期のために春休みに勉強して、成績を上げたい!
勉強も部活も頑張って、春休みを充実したものにしたい!

今、記事を読んでいるあなたは、そんな思いを持っていませんか?

それだけではなく、

1年間の総復習を春休みにやっておきたい
新学期に備えて、予習をしておきたい

と感じている人もいると思います

今回は、春休みの計画を上手に立てて、春休みの勉強に満足することができるようになるための方法を紹介します!

そのためには、失敗しない計画の立て方を知る必要があります

まず、簡単にこの記事で詳しく説明する計画の流れを紹介します

この流れで十分理解できた!という人は、続きを読む必要はありません

実際に、計画作成に取り掛かるようにしてください!

計画作成の流れ

①春休みにやるべき勉強内容を明確にする
②春休み期間中に、勉強できる日と勉強できる時間を確認する
③やるべき内容に優先順位をつけて、勉強できる時間に割り振る

基本的には、この3つのSTEPが計画作成の流れです

ヤマグチ
ヤマグチ
これだけでは、「ちょっと難しいな」と思った人は、続きを読んでくださいね!

1つ1つ細かく解説しているので、誰でも簡単に計画を作成することができるようになります

この記事は、公式LINEを通して、1000人以上の中高生・保護者の相談を受けてきた山口が書いています。もし、記事を読んでも、計画がうまくできないよ!という人はLINE@を友達追加してご相談ください。計画の添削やアドバイスをします。(もちろん無料です)

今回紹介する計画を作成するためには、3つの要素が必要です

①勉強内容とその優先順位→何を勉強して、どの勉強が大事かってこと
②勉強できる日→春休みの中で、何日間は勉強できるのかってこと
③勉強できる時間→1日何時間できて、春休み期間中にはどれだけ勉強できるのかってこと

この3つの要素をしっかり理解しておくことで、短い春休み(約2週間)を有意義に過ごすことができます!

そのためにも、計画は必須になるので、この記事で計画作成を進めていきましょう

最後まで読むことで、春休みの計画を簡単に作成できるようになります

春休みの計画を作成し、充実した休暇を過ごせるように準備しておきましょう!

春休みにやっておくべき勉強とは

春休み

春休みは2週間という短い休みです

ですが、普段学校に行きながらではできない勉強にも取り組む必要がありますよね。(学校の宿題もその一つ)

中学生にとっては、とても忙しい時期になると思います

その春休みにやっておくべきことは3つ!

学校の宿題・数学と英語の復習・中学生の総復習

ただし、この3つをどれも完璧にしようとすると、2週間では全然足りない。1ヶ月あっても厳しいくらいの量になります

なので、勉強には優先順位が必要になります

ヤマグチ
ヤマグチ
2週間の短期間で成果を上げるためには、勉強の優先順位を意識しよう!

ここからは、勉強内容の優先順位のつけ方を紹介していきます

勉強内容に優先順位をつける方法

先ほど紹介した、3つのやるべきことに優先順位をつけることから始めましょう

3つの優先順位は、宿題がなかったり、数学や英語が得意すぎて復習する必要がない!って人以外は基本的に同じになります

基本の優先順位

①学校の宿題
②数学と英語の復習
③中学生の総復習(苦手科目を中心に取り組もう)

①の学校の宿題は、成績にも関わるものなので、優先順位は高くなってしまいます

ただ、学校によって、宿題の量も質も違うので、「宿題は、とにかく先に終わらせるもの」と考えておきましょう

宿題がない学校の場合は、②と③にじっくり取り組むことがおすすめです!

②の数学と英語の復習までは、全員に取り組んで欲しいと本気で思っています

数学と英語は、積み上げ型の科目!
⇨すでに学習した内容をもとにして授業が進むので、徹底した復習が必要!

春休みの段階で、数学や英語にわからない分野がある場合は、新学期(新学年)になった時も必ずわからない分野が出てきてしまいます

どれだけ忙しくても、この2科目だけは優先的に復習し、苦手をなくすよう意識しましょう

特に英数は、苦手な中学生も多いので、わからないところがない分野まで戻って復習することを心がけましょう

③の中学の総復習は、1年生なら、1年生で習った範囲を復習。2年生なら、1,2年生で習った範囲を復習するという意味です

ただし、2年間の全ての学習内容を復習することは難しいので、総復習の中にも優先順位が必要になります

これは、英数の復習でも同じです。全てをやる必要はありません

・数学と英語の復習は、わからないをなくすつもりで取り組もう!
・全てを復習することは不可能なので、復習するものにも優先順位をつけよう!

優先順位が高い!復習すべき勉強内容とその見つけ方

復習しなければならないのは、理解できていない分野です。つまり、わかっていない部分です

それを見つけるためには、過去の定期テストや実力テスト(確認テスト)を使うのが簡単でおすすめです

テストをもう一度解き直すことで、今理解できているかを知ることができます

ですが、解き直すためには時間がかなり必要なので、テスト範囲と点数を確認しましょう

ヤマグチ
ヤマグチ
定期テスト対策をしていても、あまり点が取れていない単元や分野は今も理解できていないことが多いよ!

なので、点数が低いものから復習していくと、結果的に苦手な分野を復習することにつながります

テストの点数が50点以下だった場合は、優先的に復習するようにしておきましょう

定期テストの50点は、ちょうど基礎問題を理解していると、取ることができる得点になっていることが多いです

基礎がわかっているかどうかが、今後の勉強に関わってくるので、目安は50点にしておくのがおすすめです

・わかっていない分野のみを復習すれば十分
・テストが50点以下かどうかで理解度を判断する

春休みの計画の立て方

春休みの計画を立てるためには、3つの要素が必要でしたね

それが、「勉強できる日」「勉強できる時間」「勉強すべき内容と優先順位」です

それぞれのポイントと調べ方について解説していきます

※どの要素も人によって内容が大きく変わります。各自でしっかりと考えるようにしましょう!

春休み期間中に勉強できる日を確認する

勉強できる日を確認するためには、カレンダーを使うのがおすすめです

できれば、紙のカレンダーを使用しましょう

一目で「いつ勉強できないのか」をはっきりさせるとわかりやすくなります

カレンダーに直接、勉強できないとわかっている日に、印をつけていきましょう

×でもチェックマークでもなんでもOKです

ヤマグチ
ヤマグチ
「この日は勉強できない」ということが自分でわかればOKですよ!

勉強できない日は、丸1日何もできない日のみ設定しましょう

・2泊3日で旅行に行くので、旅行中はできない
・友達とUSJに行くので、朝から夜まで帰ってこない

のように、予めこの日は1日勉強できないという日は、計画を入れても無駄になるだけでなく、他の日にやらなくてはいけなくなるので、計画倒れの原因になります

逆に、「朝から夕方まで部活がある」の場合、夜は学習できそうですね

1日のどこかの時間で学習できる場合は、勉強できる日として考えましょう。(基準は2時間勉強出来るかどうかがおすすめ)

ヤマグチ
ヤマグチ
2時間以上勉強できる時間があるなら、勉強できる日として考えよう!それ以下の場合は、1日勉強できない日としておこう!

1日ごとに勉強できる時間を確認する

勉強できる日がはっきりしたら、勉強できる時間を調べます

そのためには、1日の流れを知る必要があるので、予定帳や、Googleカレンダーのようなカレンダーアプリに1日の流れを書き込みます

ここでは、毎日必ずやること(ご飯・お風呂・趣味・塾・部活など)を入れていきます

具体的には、このようなイメージでOKです!

何時まで寝て、起きてからは毎日何をしているのかがわかれば十分です

これに加えて、それぞれが毎日していることを書き足していきましょう

部活がある日とない日や塾がある日とない日では、1日の流れも変わるので、いろいろなパターンを作成できるといいですね。

ヤマグチ
ヤマグチ
一人一人違うスケジュールになるので、部活がある日・ない日や、塾がある日・ない日など、生活に合わせて考えましょう!

カレンダーに1日の予定を入れることができたら次に進みましょう

勉強できる時間を実際に調べていきます

調べ方は簡単です

勉強時間の調べ方

①予定を入れたスケジュールの空白時間を数える
②空白時間を1.5で割る

上の画像の場合では、約12時間の空白があります(12時就寝の場合)

この12時間が①の数字です。次にそれを1.5で割ります

12÷1.5=8 となるので、この日の勉強できる時間は約8時間あるんだ!と考えます

空白の時間を 1.5 で割った時間が勉強時間だと考える

スケジュール的には、約12時間の勉強時間が取れそうですが、12時間も計画通りに勉強できる人はほとんどいません

ヤマグチ
ヤマグチ
集中力の継続時間や、休憩をとる時間を考えると、
空白時間を 1.5 で割った時間が最適な勉強時間になりやすいよ!

この割り算は、どれだけ空白時間が短くてもやっておきましょう

そうすることで、余分な時間を作って、もし、計画通りにできなかった時も簡単に調整することができますよ

・春休みに勉強できる時間を1日ずつ調べよう!
・《空白の時間=勉強できる時間》ではないので、注意しよう!(1.5で割る)

春休みの勉強内容に期限を決める

勉強内容に関しては、すでに優先順位までつけることができていると思います

もし、まだ勉強内容も優先順位もわからないよ!という人がいたら、この記事の「春休みにやっておくべき勉強」を読み返しましょう

ここでは、優先順位が高いものから、期限を決めていきます

期限を決めることで、計画をスムーズに作成することができるからです

勉強の期限の決め方

①すでに期日がある場合はそれに従う
②期日がない場合、もしくは期日よりも早く終わらせたい場合は、理想の期日を設定する(10日間や2週間など)
③計画を作成しながら、設定した期限が適切か確認(無理なら修正)

という流れで決めていきます。まずは、この問題集なら「○日くらいで終わればいいな」というのを考えておくことが大切です

この、いつまでに終わらせたい!という思いがなければ、計画通りに進むことは難しいので、大切なポイントです

少し話がそれますが、人は「やりたくないこと」「やらなくていいこと」は自分からやりませんよね

でも、誰かにやらされているってことはありえます

例えば、野球部に入っていたとして、「僕はとてもバッティングが好きなんだ!だから、守備練習や走る練習はしない!」

という子がいても、それは不可能ですよね。したくないけど、守備練習や走塁練習もやらないとだめだからやると思います

これと似たような思いで勉強に取り組んでいる人も多いと思います

ヤマグチ
ヤマグチ
「本当はずっとゲームしていたいけど、仕方なく勉強するか」みたいな状況だね!

そこで、この日までに終わらせる!と決めることが重要です

期限を決めることで、「やらされていたもの」が、「自分から進んでやること」に変わります

これが、君のモチベーションを大きく上げてくれます。主体的になるためにも、期限の設定はできるだけ自分で行いましょう!

期限内に勉強が終わるように計画する

期限を設定したら、いよいよ計画作成です

あとは、パズルのように組み合わせていくだけですが、1つ注意点があります

それが、

「単純に課題を割り算しないこと」

例えば、10日間で100ページのワークをやりたいから、1日10ページやろう!は失敗します。これは絶対に避けてくださいね

なぜ失敗するのかは、簡単な理由です

100ページの中には、簡単な問題から難しい問題までいろいろ含まれていますよね

さらに、勉強できる時間も日によってバラバラなはずです

それなのに、毎日同じ量をするのは無理がありますよね

勉強する内容と勉強に使える時間を考えて計画していくことが大切です

計画は単純に割り算して作成しない!!

ただし、だいたいどれくらいのペースで計画を組めばいいのかは知る必要があるので、一度割り算をすることは有効です

例えば、100ページの問題集を3日でやりたい!って思ったら、1日に33ページやる必要がありますよね。これはしんどい

この、単純に割った時の数字が、現実的に無理な場合は、期限や内容を調整する必要があります

なので、実現可能かどうかを知るためには、「課題量÷日数」も効果的です!

ヤマグチ
ヤマグチ
単純にページ数÷日数で計画を作成することは避けよう!

3つの要素で計画を作成する

計画を作成するためには、3つの要素が必要でしたね。

ここまで読み進めた人は、3つの要素を書き出し、勉強内容に優先順位をつけることもできたと思います。

ここまでの流れが、計画作成そのものですが、もう一度まとめておきます。

計画作成の流れまとめ
  1. 春休み中に勉強できる日・できない日を確認する
  2. 勉強できる日の勉強時間を具体的に確認する
  3. 勉強内容に優先順位をつける
  4. 優先順位が高いものから、期限を決め計画を作成
ヤマグチ
ヤマグチ
計画作成の順序は、この記事で順番に解説しています。
できていない部分は、記事を読み直して取り組んでください!

一つ一つ、丁寧に調べ、考えることを繰り返して計画作成しましょう。

ただし、計画は立てるだけでは意味がありません。

実行することで初めて効果を発揮するので、計画を立てて満足しないようにしましょう。

計画に失敗する原因・失敗しないためにやるべきことはこちらの記事を参考にしてください。

失敗しない計画作成のコツ3選!100%失敗する計画を立てない方法この記事では、計画の立て方について解説します。 特に、せっかく立てた計画が失敗しないためにはどのようにすればいいのかを中心に詳しく...

 

春休みの計画作成 まとめ

今回は、春休みの計画作成法についてまとめました。

この記事の通りに、自分に当てはめて考えてもらえれば、春休みの計画が簡単に作成できるはずです。

春休みを有意義に過ごすためにも、失敗しない計画を作成して実践しましょう!

計画の作成には、基本の型が存在します。

それが、今回紹介したものなので、一つ一つ取り組んでいきましょう。

計画作成について、わからないことがあればLINEで相談を受け付けているので、お気軽にご相談ください。公式LINE

次におすすめの記事【失敗しない計画のコツ3選】はこちら

失敗しない計画作成のコツ3選!100%失敗する計画を立てない方法この記事では、計画の立て方について解説します。 特に、せっかく立てた計画が失敗しないためにはどのようにすればいいのかを中心に詳しく...