勉強方法について

【中学生】テスト1週間前の勉強法|定期テストの点数は簡単にUPする

こんにちは、中高生の勉強に役立つ情報を発信しているヤマグチです。

定期テストが近づいてきているけど、『全く勉強していない』『何からすればいいかわからない』と悩んでいる人も多いはず。

ヤマグチ
ヤマグチ
今までよりいい点数を取りたいとは思うけど、いつも通りの勉強では点数UPは難しいですよね。

そこで今回は、中学生の定期テスト1週間前の勉強について紹介します。

定期テスト前にやるべきことをわかりやすく解説していきます。

この記事のポイント
  • 定期テスト前の勉強方法がわからない
  • やる気はあるけど何から勉強すればいいかわからず勉強しない

こんな中学生が劇的に点数を上げるために『何を勉強すればいいのか』について紹介します。

テスト1週間前の具体的な勉強法と計画の立て方を解説するので、今までしっかりテスト勉強していない人でも安心して取り組めるようになります。

この記事は、『公式LINEでの1000人以上の中高生・保護者の相談実績』『家庭教師・講師として30名以上の指導経験』がある山口が書いています。もし、記事を読んで、疑問や質問がある!という人は公式LINEでご相談ください。(もちろん無料です) 友達追加はこちら

定期テストは1週間前の勉強量が超重要

最初に、テスト1週間前の重要性をお伝えします。

中学生の定期テストは、テスト1週間前の勉強量がとても重要になります。

ヤマグチ
ヤマグチ
この期間でしっかり勉強した人は高得点を取ることができますが、この期間で頑張れない場合はテストの点は期待できません。

テスト前日や2日前から本気で勉強しだす人もいますが、それでは遅すぎます。

最低でも1週間前から本気で勉強することがテストの点数を上げる条件になります。

なぜ1週間は勉強期間が必要なのか?

その理由は、この3つです。

  1. 問題集を複数回繰り返す必要があること
  2. 確実に暗記するためには時間がかかること
  3. 必ず土日が含まれること

定期テストで点数を取るためには、問題集を繰り返して問題を解けるまで勉強することが必要です。

問題集を1度解くだけでは勉強量は全然足りていない

何度も繰り返して、確実に暗記するためには、それなりの時間がかかります。

人は覚えたと思ってもすぐに忘れてしまう生き物なので、何度も繰り返すことができる時間を確保しましょう。

そして、1週間前から勉強することで、テスト勉強期間に必ず土日が含まれますよね。

土日の使い方は、定期テスト勉強の鍵になるので、テスト1週間前の土日は本気で勉強しましょう。

テスト1週間前までにやっておくこと

テスト1週間前からの勉強がとても重要ですが、それまでにやっておくといいこともあります。

  • テストの提出物(学習した範囲)
  • 教科書の音読

この2つはできるだけやっておきましょう。

テストの提出物はワークのことが多いので、授業で学習した範囲はその都度取り組むようにしましょう。

普段は勉強しない人はテスト2週間前からコツコツ取り組めば十分です!

少し時間はかかりますが、教科書の内容理解のために音読もしておきましょう。

1週間前には音読する時間が取れないので、それまでに一通りやっておくことがおすすめ!

ヤマグチ
ヤマグチ
提出物は普段からコツコツやっていればテスト前焦らなくていいのでやっておくことがおすすめです!

テスト1週間前の勉強法(全教科共通)

テスト1週間前に取り組む勉強は2つだけ!

テスト前の勉強法
  • 問題集(ワーク)を繰り返し解く
  • わからない問題は教科書・ノートで復習

基本はひたすら問題を問題集やプリントで解いて暗記・理解していく勉強法です。

いくつかの問題集やプリントがある場合は優先順位をつけて取り組みましょう。

  1. 提出物
  2. テスト対策プリント
  3. 授業ワーク
  4. 単元プリント
  5. 市販の教材

おすすめの優先順位は上の通りです。

提出物は、ワークやプリントなどの種類に限らず最優先で取り組みましょう。

テスト勉強として繰り返し解き、覚えるべきは②テスト対策プリント以降のものです。

何回くらい繰り返せばいいですか?

繰り返す回数には決まりはありませんが、全ての問題をスムーズに解けるようになるまで繰り返しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
最低でも3周は問題集を繰り返し取り組むことがおすすめです!

優先順位の高いものから全て理解できるまで取り組むようにしてくださいね!

【テスト対策プリント1回→ワーク1周→単元プリント1回】

一通りやってはいるが、内容はあまり理解できていないパターン

【テスト対策プリント3回→ワーク2周】

単元プリントまではできなかったけど、対策プリントは100%理解できているパターン

テスト前は、全ての教材を満遍なくこなすより、優先度が高いものをじっくりやり込む方が効率的で点数も取りやすくなります!

ヤマグチ
ヤマグチ
余裕があれば、全ての教材を100%の状態にすることがベスト!

ワークや対策プリントの理解をするためには、わからない問題を復習する必要があります。

まずは問題の解説を読んで、意味が理解できるか確認しましょう。

意味がわからない場合は、教科書やノートを確認して「なぜそうなるのか?」という理由を確認しましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
1週間前の勉強では、教科書を確認するのはわからない問題だけでOKです。ワークのほとんどがわからない場合は、先に教科書を読む方が効率的なので、読んでから取り組みましょう。

問題集に取り組むポイント

問題集やプリントに取り組むときは3つのポイントを意識してください。

  1. 間違えた問題にはチェックをつける
  2. わからない問題はすぐに飛ばす(答えを見る)
  3. 3周目以降はわからない問題だけを繰り返す

間違えた問題にはチェックをつける

1回目に間違えた問題にはもちろん、2回目3回目の勉強時にもわからない問題をチェックしましょう。

何度もチェックがついている問題はわかっていない可能性が高いので、もう一度教科書を見るなどで復習しましょう。

チェックをつけることで、理解できている問題を飛ばすことができるようになります。

1回でもチェックがついている問題は何度も繰り返し解くようにしましょう。

わからない問題はすぐに飛ばす(答えを見る)

テスト勉強時はわからない問題をじっくり考える時間はありません。

わからない問題はすぐに答えを見るようにしましょう。

大切なのは、テストの時に正解できるかどうかです。

わからない問題は結局解説を見ることになるので、すぐに答えを見る方が効率的です!

答えを見ることは悪いことではない。問題を理解しようとしているなら、効率的な選択肢になる。

答えを見ていいからと言って、ただ答えを写すだけでは何も意味がありません。

答えを見た問題は、必ずチェックをしておき何度も復習できるようにしましょう。

3周目以降はわからない問題だけを繰り返す

2周目まではすべでの問題に取り組むことがおすすめですが、3周目以降は間違えた問題だけでも大丈夫です。

間違えた問題だけを繰り返せば、効率的にテスト勉強を進めることができるので短期間でも全ての範囲をカバーすることができます。

わからない問題ができるようになったら、別のチェックを入れて『理解できた』ことがわかるようにしておきましょう!

テスト1週間前の計画のポイント

テスト1週間前の計画は、状況に合わせて変える必要がありますが、今回は2つのパターンで考えます。

パターン1:1週間前までに提出物(ワーク)が終わっている

パターン2:1週間前までに提出物(ワーク)が終わっていない

提出物はできるだけ早目に終わらせておくことが望ましいので、この2つのパターンで紹介していきます。

ここではワークを中心に計画を説明していきます。

パターン1の計画ポイント

すでにテスト範囲のワークが終わっている場合は、優先度の高い教材から理解度100%を目指して繰り返す計画を作成します。

2日目までに2周目を終える

優先度の高いものは、テスト1週間前から数えて2日目(テスト6日前)までに2周目を終えるようにしましょう。

ワークの場合はすでに1周しているはずなので、2日でもう1周すればOKです。

全ての問題を解く時間がない場合でも、各単元で数題は問題を解くようにしましょう。

特に数学や英語は時間がかかる場合があります。

理科や社会は全ての問題に取り組みましょう!

4日目までに理解度100%を目指す

テスト4日前までの期間に3周目以降に取り組み、理解度100%を目指しましょう。

3周目以降は、間違えた問題だけを繰り返せばいいので、全て理解できるようになるまで何度も繰り返しましょう。

ここでも、1問1問に時間をかける必要はありません。

わからない問題はすぐに答えを見て理解するようにしましょう。

テスト2日前までは優先度順に理解度100%を目指す

テスト2日前までにできる限りの教材(ワーク・単元プリント・対策プリント)の理解度を100%に上げましょう。

ワークが不安な場合は、ワークだけを繰り返してもOKです。

ワークが100%理解できていれば、単元プリントに進みましょう。

ヤマグチ
ヤマグチ
まずは1つの教材を徹底して復習することが重要です!

テスト前日は優先度が1番高いものを復習

テストの前日は、優先度が一番高い教材を復習しましょう。

このとき、間違えた問題だけでなく全ての問題を復習することがおすすめ!

全ての問題を書いて復習する必要はないので、答えがすぐに思いつくか確認するように進めましょう。

数学:計算方法や公式・解き方が思い出せるか。

理科・社会:一問一答のワークの答えがすぐに答えられるか。

英語:英単語の意味・熟語・文法の並び替えなどがすぐにできるか。スラスラとワークの答えを言えるか。

国語:漢字がわかるか、ワークの問題が教科書のどの部分を指しているかわかるか、ワークの問題の答えがスラスラと言えるか。

こういったことを確認しておこう!

パターン2の計画ポイント

授業ワークなどの提出物が全くできていないときは、最優先で提出物(ワーク)を終えましょう。

最初の数日でワークなどの提出物が終わらないと、『提出物だけやってたらテストの日でした…』ということになりかねないので、全力で提出物を終わらせましょう。

テスト4日前までに提出物を終わらせる

提出物を終える目安は、テスト4日前までです。

各教科15〜30ページほどが提出物になっているはずです。

1日1教科以上やらないといけませんが、テスト前の1週間だけは頑張りましょう。

  • わからない問題はすぐに飛ばす
  • 使える時間は全て勉強する

この2つを徹底すれば十分可能な量のはずです。

テスト2日前までに2周目を終える

すでに1回やっている問題なので、1回目より短時間で取り組むことができます。

2周目は全ての問題をやるべきですが、1回目で即答することができた問題は飛ばしても構いません。

この時もわからない問題は答えを見てOKです。

ヤマグチ
ヤマグチ
ただ答えを見るだけの勉強は無意味です。答えを見るときは、なぜその答えになるのかや、どういう意味なのかを理解するようにしましょう。

2回答えを見れば、少しは覚えることができるようになります。

2回3回やっても覚えられない場合は、『ただ答えを見ているだけで、覚える気がない』可能性が高いので要注意です。

この場合は、どれだけ勉強しても点数は上がりません…

テスト前日に総復習をする

テスト前日には、間違えた問題だけを総復習しましょう。

これで3周取り組むことになり、ほとんどの問題を『見たことがある』という状況にできます。

100%の理解度にするためには、もう少し繰り返す必要があるので、特に苦手な教科は、4周目の復習も考えましょう!

1週間前の勉強法 まとめ

今回は、中学生の定期テストについて1週間前の勉強を紹介しました。

最後に、今回紹介した内容をまとめておきます。

テスト前の勉強法
  • 問題集(ワーク)を繰り返し解く
  • わからない問題は教科書・ノートで復習

テスト前の勉強は、ワークを中心に問題を繰り返し解くことで理解度を高めることがおすすめです。

問題集は、優先度が高いものから順番にじっくり取り組むようにしましょう。

全てを中途半端に勉強することが一番NG

問題集を進めるときは、『わからない問題はすぐに飛ばす』ことを意識して、効率的に勉強できるようにしましょう。

ただし、答えを写すだけ・見るだけの勉強は無意味なので要注意です。

ヤマグチ
ヤマグチ
中学校の定期テストは、テスト前1週間の頑張りで点数を大きく上げることが可能です!
最後まで諦めずにがむしゃらに勉強に取り組みましょう。

この記事で紹介した内容も含めて、テスト1週間前にやってはいけない勉強法についてもまとめています。

勉強しても効果のあまりない勉強法を知ることで、さらに点数UPや成績UPに近づきます。

ぜひチェックしてください。

【中学生】テスト1週間前のNG勉強法8選|成績が下がる勉強法テスト1週間前は、テストの点数を左右する重要な期間です。『テスト勉強しているのに点が上がらない』『自分の勉強法は間違っているのかも』そう感じている人はNGな勉強をしているかも。この記事では中学生がテスト前にやってはいけない8つの勉強法を紹介しています。...

勉強や計画に関する相談は公式LINEで受け付けています。
これまでに1,000名以上の中高生が相談してくれています。お気軽にお問い合わせください!

友だち追加